ご案内

【新基準】パトリモニー【ジュネーブシール】

こんにちは、営業部の清水です。

今回は、新基準となった「ジュネーブシール」について。

今年で125周年をむかえるジュネーブシールとは
1886年に発足された、ジュネーブ市が定める規定に基づいた厳しい品質規定です。

000239-005_772

ジュネーブ州の紋章

450bf9d7-ced7-4ead-b9e0-ba6838c9e07e

2008年 スイスジュネーブ レマン湖

パテックフィリップを筆頭に、
ロジェ・デュブイやヴァシュロンコンスタンタン等、
一流のブランドが規定をクリアした素晴らしいムーブメントを作っています。

おおまかにまとめるとこんな内容の12項目の基準です。

■スイスジュネーブ州内で製造・組立られていること

■あらゆるパーツの仕上げ方法・組立方法・厚みが規定に準じていること
(例:スチール製部品の縁はポリッシュ仕上げ 等)

■使用不可パーツを使用していないこと
(例:ワイヤースプリング使用不可 等)

「ジュネーブシール=ムーブメントの審美性」という認識が強いですが、
ジュネーブシールを取得するとCOSCクロノメーターの認定も得られるため
(実際にテストにパスした訳ではないですが)精度も申し分ないと言えます。

※ただパテックに関しては2010年以降ジュネーブシールの基準を上回る
「パテックフィリップシール」なるものを独自規格とし、
ムーブメントにはPPのマークが刻印されています。

04_03-3

今回(2011年11月)に改定・追加となった内容は下記のとおり
※2013年6月までに完全移行の見込み

■すべて手作りであること

■ケージング後の状態で精度・防水性・パワーリザーブ、各種機能の4項目をテストすること

■ジュネーブタイムラボによって客観的にテストすること

・・・けっこう厳しいですね。「テスト」の基準がどの程度かはわかりませんが、
美しさと機能性を追求した、さらにハイグレードなムーブメントが出てきそうですね。

早速その新基準をパスしたモデルがこちら。

ヴァシュロン・コンスタンタンの
パトリモニー・トラディショナル・14デイズ・トゥールビヨン(Cal.2260)

665_07_vacheron_constantin

香箱を4つにすることで14日間のロングパワーリザーブが実現しています。
さらに仕上げに11時間以上かけたブリッジや、マルタ十字型のキャリッジ。
予価2000万オーバーと価格も天晴ですが、
愛好家垂涎の1本なのではないでしょうか。

これから続々と新しいタイムピースが出てくると思うと
楽しみでなりませんね!

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。