宝石広場 – 高級腕時計・ブランド腕時計の人気情報ブログ

人気ブランド腕時計の販売・買取なら本物・一流品が揃う東京渋谷の宝石広場まで。

*

【宝石広場検証部】新型GMTマスターのケースって実際何が変わったの?を検証してみる

   

こんにちは馬場です犬
今回はバーゼルで発表された噂の新型GMTマスターⅡ(126710BLRO)。
これの噂を検証してみようと思います。

まずはこちらをご覧ください。
ロレックスの新型GMTマスター特集ページにあった一文です。

バーゼルワールド 2018 で、ロレックスは最新ムーブメントである新世代キャリバー 3285 を搭載し、新しいイメージを打ち出したGMTマスターIIの 3 つの新モデルを発表します。ひとつはオイスタースチール製で、オイスターケースとジュビリーブレスレットを装備し、24 時間目盛り入りでレッドとブルーの 2 色のセラミック製セラクロムインサートを備えた両方向回転ベゼルを搭載しています。オイスターケースのラグとケースサイドのデザインが新しくなり、5 列リンクのジュビリーブレスレットが備わっています。
新しいロレックスGMT マスターⅡ – バーゼルワールド 2018

お分かりいただけたでしょうか。

「オイスターケースのラグとケースサイドのデザインが新しくなり」

そうです。新しくなったらしいんです。
というか、どう新しくなったかも書いてくれていいんだよ。

このあっさりした一文のおかげで
世はまさに、大検証時代!!

すでに色々な方が検証されていますが、
いまいち何がどう変わったのか分かりません。

そこで今回は、わが宝石広場検証部の総力をあげて
この新型GMTマスターⅡのラグとケース問題を検証します。

新型GMTマスターⅡのラグとケース問題

とは言ったものの現物はまだありません。
検証に使えるのはロレックスページの画像のみ。
ここは得意のGIFアニメで検証してみます。

まずは横置きの画像から。

m126710blro-0001-1
・・・・わかります?超微妙ですよね?

よーく見てみると6時側のラグが
旧型よりも新型が長くなっている気がします。
それとリューズガード。なにやら角ばった感じに変わってませんか?
撮影の仕方でしょうかね・・・。

というかほとんどCGかと思っていましたが
照明や時計の角度が微妙に違うので毎回撮影してるんですねこれ。
ほぼ同じ角度に撮るのは大変そうです。

続いて別画像で検証

m126710blro-0001-2

うーん。ラグはこの画像でも微妙に伸びた感じありますが、
これは撮影の角度で変わる気もするので確実とは言えないです。

リューズガードはこっちの画像で見ると
変わってる感じがしないのでこれもうよくわかんないですね。

m126710blro-0001-4

それと皆さん気づきました?
6時位置にある「SWISS MADE」の文字。
これが新型だと「SWISS (王冠) MADE」になってるんですよ。
「つのだ ☆ ひろ」みたいで特別感あります。

m126710blro-0001-5

まとめ

今回の検証で分かった事は

  • ラグが若干伸びた?
  • リューズガードの形が変わった?
  • 「SWISS MADE」の表記が変わった!
  • 欲しい!

この4点。上二つは「そう見える」ってだけなので
実際は違う可能性もありますのであしからず。

なにはともあれ、確実にかっこいいので今から入荷が楽しみです。

それではまた。



いつも宝石広場の高級腕時計・ブランド時計
人気情報ブログをご愛読ありがとうございますtk001120さんの絵文字

人気ブログランキング』に登録しています。

更新頑張れ矢印上 by p-style.】と応援していただける方、
ぜひクリックしてくださいき by machibana.

人気ブログランキングへ
↑ポチっとクリックchibixyukiさんの絵文字 ありがとうございましたさんの絵文字

 - ご案内