修理・アフターサービス

【時計】水入り【海】

みなさん、こんにちは!
アフターサービスのコジマです。

近ごろは急に涼しくなってきましたが夏の忘れ物ありませんか?

かくいう私は久方ぶりに
花火を見て騒ぎ
dsc_9129
海で溺れて
mario


久しぶりに夏を満喫しました。

 

 
さて、みなさん、お手持ちの時計、無事でしたか?

毎年この時期は時計の曇り、結露やひどいと水がタプタプな状態で
持ち込まれる方がいらっしゃいます。

この時計はダイバーだから、、、
とか、
ちょっと濡れただけだから、、、

なんて、油断していませんでしたか?

時計の防水性は大抵、パッキンと呼ばれる樹脂製の部品で保たれています。

そう、樹脂です。
img_0033

と、いうことは劣化するんです。

特に熱。温泉や熱いシャワー、かかったりしていませんか?

特に怖いのは”生活防水”仕様です。
これはJIS 規格では3~5気圧防水の物を言いますが、”防水”の印象に油断するなかれ、

蛇口から出た水がかかっただけでも易々と侵入してきます。
もし、曇りや水滴が見えたなら、すぐにお話ししてください。

 

時計は小さな”金属”部品の集合体です。
錆び始めてしまうまでは、驚くほど

 

 

             あっ

 

 

という間なんです。

朝方気が付いて、夕方には錆びて動かなくなるなんてことも、。

状態は個々の時計によって大分差がありますので
除湿すればいいだけだったり、本格的にオーバーホールや、
最悪だと文字盤や針にサビが出て高額の修理が必要、何てこともございます。


何かおかしいな、と思ったら先ずはご一報を下さいませ。

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。