スタッフ日記

スイスってどんなところ? ツェルマット編

こんにちは。
ネット部フクシマです。

今日の都内の雪はすごかったですね~。
明日から3月ですからそろそろ暖かくなってほしいものですね。

さて、スイスのご紹介第2弾です!
今回は今日みたいな雪の日に絶対行きたくない、ツェルマットです!

マッターホルン
matterhorn

アルプス山脈のマッターホルンです。
一度は名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?

イタリアとスイスの国境に位置しており、
「マッターホルン」という名称は、
ドイツ語で牧草地を表す「マット」と、
山頂を表す「ホルン」に由来しているそうです。

山は登りたくないけどアルプスを満喫したい方はコチラ↓
ゴルナーグラート
gornergrat
ゴルナーグラート鉄道という鉄道が通っており、
鉄道で3130mまで登ることができるそうです。
ちなみにこれがゴルナーグラート駅です↓
gornergrat_stationいかにもアルプスの駅って感じですね。

ちなみにこんなに自然いっぱいのツェルマットですが、
環境保護の一環として、
排気ガスを排出する自動車は乗り入れを規制しており、
電気自動車や馬車を使用しているそうです。
なかなか不便な面もありますが、
こういった努力の上に自然が守られているんですね。

最後に本日新着の中古時計です!

クロノマスターTオープン 03.0240.4021/ 21.C495クロノマスターTオープン 03.0240.4021/ 21.C495

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。