スタッフ日記

[宝石広場的] 時計の選び方 ~スタッフにインタビューしてみよう~

皆様こんにちは。
さすらいの時計屋・スギモトです。ここ数年はさすらわずに宝石広場に常勤しています。

ちなみに漢字だと『流離い』と書くみたいです。
初めて知りました。カッコいいですね。

さて、もはや”定着の時計屋”になった私ですが、最近思うのです。
初心を忘れてやいないかと。
月イチで書かせていただいているこのブログも、
宣伝感”を出し過ぎちゃいないだろうかと。

元も子もないことを言えば、当店の広報活動の一環であるわけですから、
そりゃあ宣伝もします。
しますが、

『もっとお客様の役に立つブログをお届けしたい!』

そうなんです!
流離ったり(早速使ってみました)、バッティングセンター行ったり
チャーハン炒めたり、一日中hulu見たりしている場合じゃないんです!

 

『これから時計を買おうとしているお客様のお役に立ちたい!』

 

そんなわけで今日は、何を買おうか悩みに悩んでしまっているお客様の為に、
当店スタッフにインタビューをします。

『時計屋はどんな時計を着けているのか?』
『何でその時計に行き着いたのか?』

そんなところをザクザク斬り込んで、悩み過ぎて「いっそ世の中から時計なんて無くなればいいのに!」と思い詰めているあなたのお役に立ちます!
是非ご参考になさって下さい。

(ここからようやく本題です)

最初は店頭の若手スタッフ、TK内にインタビューしてみます。

スタッフ TK内。 一丁前に"顔出しNG"ですスタッフ TK内。 一丁前に”顔出しNG”です

たけ…TK内は入社2年目のお調子者です。目が細いという理由だけで、スタッフ間では一時“流し目王子”という二つ名で呼ばれていました。そんな竹う・・・TK内の自慢の時計がこちら。

ご自慢のスーパーオーシャンご自慢のスーパーオーシャン

Breitling  スーパーオーシャン

1,500もの防水性能を誇るダイバーズです。色白でダイバー感の一切無い彼が、なぜこの時計を選んだのでしょうか? 映画のインタビューでお馴染みのLiLiCoさん風に聞いてみました。

ウソです。物まね苦手なので普通に聞きました。
(彼は後輩なので少し横暴な感じを出してみました。普段はもっとジェントルです。渾身の似顔絵付き)


SuGiMo(私) 「準備は良い?」

 TK2「えっ、何ですか?」

SuGiMo 「ブログに決まってるでしょ。時計を渡しなさい」

TK2「えっ、まさか深海に沈める実験するんですか??嫌ですよ!!!」

SuGiMo 「それはまた次回。今回はインタビューするから」

TK2「実験はする気なんだ…」

SuGiMo 「で、これは何本目の時計?」

TK2「1本目です。」

SuGiMo 「そりゃそうか、入社して割と直ぐ買ったもんね。他に悩んだ時計はある?」

TK2「同じブライトリングの、ナビタイマーも欲しかったですね。」

SuGiMo 「あー、そういえば言ってたね。買おうと思ってからどれくらい悩んだ?」

TK2「うーん、そんなに長くなかったですかね。この時計見てからはすぐ
決めました」

SuGiMo 「最終的にスーパーオーシャンにした決め手は何だったの?」

TK2「デザインが気にったことと、やっぱり値段ですかね。ナビタイマーは少し
値段が現実的じゃなくて…。あとはタイミングが良かったです。欲しなーと思ってた時にちょうど入荷してきたので、3日くらいで決めました!
先輩スタッフの勧めも効きましたね。というかある日会社に行ったらローンの申込用紙がこの時計と共に用意されてましたけど…(笑)」

SuGiMo 「そういうこと言うと、新人に強引に買わせるブラック企業だと誤解されるじゃないか!」

TK2「時計は気に入って使っているんで!全く後悔して無いですから!」

SuGiMo 「ちゃんと否定しなさいよ。まぁいいや、じゃあ逆に『ちょっとここはなぁー』ってポイントはある?」

TK2「この時計、ラバーベルトが付いているんですけど、ステンレスブレスが欲しいですね。夏場はラバーで良いんですけど、通年使うとなるとやっぱりブレスも欲しいです。
ブレスだけ追加で買おうか考えましたけど、時計本体の値段を考えてちょっと躊躇しました。」

SuGiMo 「確かに。一本だったら一年中使うことになるからね。
次に狙っている時計とかある?」

TK2「次こそはナビタイマー欲しいです!さすがに自社ムーブのナビタイマー01は高くて買えないですけど。昔のインダイアルが縦並びのタイプが気になってます。」

SuGiMo 「おっ、時計屋っぽいこと言ってる!やっぱりブレス?」

TK2「今度こそブレスが良いです!次は頑張って35万円くらいで考えてます。いいのが入れば欲しいですね~!」


ここでインタビューを終えたのですが、調子に乗ったTKは「私にとって時計とは」みたいなことを、聞いてもいないのに語り始めたので、無視して切り上げました。

TK内にとっては、タイミングが決め手だったみたいですね。確かに、何かきっかけがないと買うまで思い切れない気持ちもわかります。だからこそ一期一会のUSED時計との出会いが大事だったわけですね。

彼の時計には
<非公式実験シリーズ② 防水チェック! 電動リールの先につけて深海へGO!>
でまた出会えるかもしれません。

もう一人くらいインタビューしたかったのですが、例のごとく長編になって
しまったので、今回はここまでにさせていただきます。

TKの時計が気になった方はコチラ ⇒[在庫有り]のスーパーオーシャン

ハッ、つい宣伝してしまった…!!

 

 

…ところで、私いつも不安になるんです。

「このブログ見てる人いるんだろうか…」

そうなんです。Facebookなんかと違ってめったにコメントとかいただけないので、
さては身内(社員)しか見ていないんじゃないかと不安なんです。

コメント下さいとは言いません。でも、でもせめて”いいね!”とかツイートとか
テレパシーとかで『ヒマでたまらないから、極稀に流し読みしてるぜ』って
サインを下さい…!

ご来店の際は「ブログ見ました」でとっておきのスマイルも差し上げます!

(これで何も無かったらどうしよう…もはや出家するしかない)

もう流離いたくない。

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。