スタッフ日記

仕事熱心なスギモトが、機械式時計を組み立てるの巻 (どうですか社長)

*注意*
今回はあまり画替わりのしない写真が大量にアップされます。

 

どうもこんにちは!ミスター仕事熱心こと、時計が三度の飯の次の次の次の次くらいに好きな店頭スタッフのスギモトです。

今回は実験でもインタビューでもなく、普通のブログっぽく、休日だというのに自腹で参加した『時計づくり体験』の模様をお伝えしたいと思います!
本や映像で時計の構造の勉強はしましたが、さすがに商品をバラすわけにはいきませんので、今回は自費で存分に弄り倒してきました。

…なんて仕事熱心なんでしょうか!(どうですか社長)

さて、時計づくりが体験できるのは諏訪湖のほとりにある時計の博物館、『諏訪湖時の科学館 儀象堂』です。

 

access-contact900年前に発明された水で動く「水運儀象台」世界で初めて復刻されたらしいです

 

「諏訪湖ってアナタ…長野じゃないの、渋谷から200kmくらいあるじゃないの」と思ったあなた。

大正解です

 

朝の9時前に受付に行くと、『まさか今日いらしたんじゃないですよね?前日から一泊ですよね?』と聞かれたので、

『いいえ、今朝5時起きで東京から来ましたが?』

と答えると、ちょっと引かれました。

IMG_3693朝からETCゲートで引っかかるの図

 

儀象堂では、20分程度でクオーツ腕時計や掛け時計を組み立てる、スナック感覚で楽しめるコースから、ガッツリ機械式時計を組み立てる懐石系コースまで幅広い時計づくり体験ができます。

もちろん仕事熱心な私が参加したのは懐石系
体験時間はなんと最長の6時間です。 (どうですか社長)

注油作業は無く、一部省略された工程もあるものの、地板(ムーブメントの基礎)に数十のパーツを組み込む体験ができます!

儀象堂に講師は4人いるそうですが、全員がセイコーエプソンの元技術者だそうです。

さすがお膝元!

ちょうど朝横を通ってきましたちょうど朝横を通ってきました

さて、引かれつつ受付を済ませると、いよいよ体験コースの始まりです。
入り口で用意されたスリッパと白衣に衣裳チェーンジ!…するかと思いきや、『今日暑いんで着なくてもいいですよ』という肩透かし。

暑いんで着ませんでした。

本日組み立てるのは、儀象堂とオリエント(現在はセイコーエプソンの子会社)の共同開発、と銘打ったこちらです。

自分で組み立てたのに1年保証付き自分で組み立てたのに1年保証付き

 

デイト・曜日表示付きの自動巻です。
セイコー(オリエント)らしく、曜日表示は日本語と英語のバイリンガル仕様です!

DSC04955やっぱコレがないと

作業は、一工程ごとに先生の解説を聞いて進めていきます。
(ちなみに解説に使われてたプロジェクターはEPSONでした)

IMG_3699

一回ごとに写真を撮ろうと思っていたんですが、コレを見る限りかなり進んじゃってますね。テヘヘ。

というか、「17」の部品なので17工程進んでますね。テヘヘ。
これは、ゼンマイの入った香箱車、アンクルと噛み合うがんぎ車なんか組み込まれ、
一番受というパーツが付いた状態です。
IMG_3703

そしてここでは重要部品、アンクルを装着し、顕微鏡で確認しています。
顕微鏡を覗く私の姿…実にそれっぽい! (どうですか社長)

さらに次の工程では…

とうとう…!?とうとう…!?

テンプがつきました!
つけた途端に動き始めました。おぉ~、ちょっと感動。
何かやり遂げた気持ちになりました。 まだ完成してないのに。

ここまで来たら、後は自動巻き機構の取り付けなので、一旦ひっくり返して文字盤側の作業に移ります。

IMG_3713
針やカレンダーを動かすための部品をサクサクと(本当はゆっくり)取り付けます。
左上の白っぽいパーツ(この時計では樹脂製)が、日付を送る日廻し車(日送り車)です。(この時計だと曜日もあるので日曜廻し車となるそうです)

日付送り禁止時間帯に引っかかるとコイツに問題が生じるようです。お前か!!

皆様お気を付け下さい。

そして日車(数字の書かれた円盤)をつけます。

それっぽい!それっぽい!

 

同じく曜車(曜日の円盤)を取り付けたら、

おぉー、まるで時計だおぉー、まるで時計だ

 

とうとう文字盤を取り付けます!

IMG_3719

 

ここからが大変なんですよ奥さん!!!
時針と分針を取り付けるんですが、もう指先プルプルしちゃいます。まず、日付のちょうど変わるところに時針を取り付けます。それから、同じ位置を指すように分針も取り付けます。

右手はピンセットで針を持ち、左手で針を固定する工具を(名前忘れました。テヘヘ)持って取り付け…られない!!

もうすんごいんです、すんごいプルプルしちゃうんです。
しかも、針がなかなか固定できないんです。何回やってもポロリしてしまう…!何故だ!
結構器用な自信あったのに!!

…どうやら用意された工具のサイズが違ったらしいです。
「これじゃあ入らないねー」って言われました。騙された。

ともあれ、針をつけて、仮のリューズを外してケースに詰めます。

おぉー、ますます時計だ!おぉー、ますます時計だ!

 

自動巻きのローターをつけてケースに入れれば!

出来たー!出来たー!

 

ハイ、完成!
ハイ、大事なところでピンボケ!

長くなりましたが、こんな感じの6時間でした。
時計好きの方には楽しめるコースだと思いますので、是非チャレンジしてみてください!

この三連休はお蔭様でたくさんのお客様にご来店いただいております。
大変ありがたいのですが、店頭スタッフの私にはこれ以上ブログを仕上げている時間が有りません!

急ではございますがここらで失礼いたします。ありがとうございました。

また来世!

 

当店の充実したSEIKOのラインナップはコチラからご覧いただけます!

 


●今回お世話になったのはコチラ

諏訪湖時の科学館 儀象堂
SUWAKO WATCHI&CLOCK MUSEUM

長野県諏訪郡下諏訪町3289
TEL 0266-27-0001
http://gishodo.jp/

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。