スタッフ日記

自分に合った時計を探そう ~サイズで選ぼう編~ 【後編】

白菜が高すぎて鍋料理が出来ない皆様、お久しぶりです。
『帰ってきたノーマルマン』こと、モロッコ帰りの凡人・店頭スタッフのスギモトです。
シュワッチ!

 


=前回のあらすじ=

海外に遊びに行く前に慌ててブログを書き始めたスギモト。
閉店前の慌ただしい数十分の最中、自分の腕のサイズに合わせて、時計を絞り込む方法を思いつく。

手首周りが16~16.5cmだったスギモトは、46mmのIWC「トップガン」、そして45mmのブランパン「フィフティファゾムス」を試着するも、自分の腕の細さと人間の小ささを思い知っただけだった。

果たしてベストサイズは見つかるのか…?!

前回の記事はコチラ


 

*ちなみにサイズはこのように測っています。

⇒手首サイズの図り方

 

 

それでは、前回の45mmから続けて参りましょう。
45mmでもさっぱり似合わなかったので、42mmまで下げてみます。

 

カルティエ

カリブル ドゥ カルティエ ダイバー W7100055

ケースサイズ:42mm
img_0217

イケるかと思ったんですが…うーん、写真で見るとやはりデカいですね。
存在感は有りますが、仕事で使うとなると目立ち過ぎて気まずい大きさです。
取引先の偉い人に『キミ、良い時計着けてるようだね?随分と貰ってるのかな』とか嫌味を言われそうです。

ハイ、完全に妄想です。
もうちょっとサイズダウンしてみましょう!

 

オメガ

スピードマスター ブロードアロー 50周年限定 321.10.42.50.02.001

ケースサイズ:40mm
img_0218

おぉっ!?これはどうでしょう?かなり良いんじゃないでしょうか?
ぐっと現実的になってきました。

ブレスやラグまわりのデザインがもっこり(某シティーハンターとは関係ありません、念の為)しているので、もう少し小さい方がしっくりくるような気がしますが、カジュアルユースメインなら良いでしょう!夏にTシャツ、片手にビールとホットパンツの美女、というようなシチュエーションにはもってこいです。

『キャーかっこいい時計!オメガなんてリッチだわ!』と美女の目がハートになること請け合い。

ロレックスのサブマリーナー等、スポーツモデルが軒並み40mmなことを考えると、やはり丁度良いくらいのサイズなのかもしれません。

 

既に許容範囲に入っていますが、更に小さいサイズも見てみましょう。

 

ブライトリング

モンブリラン A30030

ケースサイズ:38mm

 

img_0219

あー、しっくりきます!収まりが非常に良いです。これ、もしかして私の腕に合わせて製作された時計なのかも知れません。
ナビタイマーはかっこいいですが、私の様な“細うで繁盛記”的な腕の持ち主には、小さめケースのモンブリランシリーズがおススメです。

 

ロレックス

ターノグラフ 116264

ケースサイズ:36mm

 

img_0221
*ベゼルが少し回っているのは見逃してください!

ここで出ました定番ロレックスから、ターノグラフです。
これも…良い!非常に良いです、しっくりきます。

例えるなら…そう、素麺に添えるしょうがの様な…サンマに添える大根おろしの様な『そうそう、この組み合わせ』感です。

この一本でオンオフ共に隙はありません。
件の取引先の偉い人も、『お?それはロレックスかね。ちょっと見ないデザインだね』などと和気あいあいと盛り上がることでしょう。

 

先程のモンブリランと比べると、2mmも小さいようには見えません。文字盤やベゼルのデザインで随分サイズ感が変わりますね~。
せっかくなのでもうちょっと着けてみましょう。

 

セイコー

クレドール UTD 120周年記念 100本限定 GBAQ987 6870-0010

ケースサイズ:34mm

 

img_0223

小さ過ぎるかと思いきや、なかなかどうして良いではないですか!
このようなドレスウォッチであれば、やや小さめくらいの方が上品でバランスはGOODでしょう。

これで結婚式にでも行った日には、新婦友人たちからの熱い目線が注がれることは間違いないと言っても良いと思います。

 


さて、ここまで着けてみた時計とサイズは以下の通りです。

 ①  IWC  トップガン  46mm
 ②  ブランパン  フィフティファゾムス  45mm
 ③  カルティエ  カリブルダイバー  42mm
 ④  オメガ  スピードマスター ブロードアロー  40mm
 ⑤  ブライトリング  モンブリラン  38mm
 ⑥  ロレックス  ターノグラフ  36mm
 ⑦  セイコー  クレドールUTD  34mm

私の16~16.5cmサイズの腕だと、40mm以下くらいがちょうど良い感じでした。
ただ、時計のケース形状は様々です。数字が大きくてもつけると小さく見えたり、逆もまた然りです。

単純に直径だけではどれが良いか言い切れませんし、元も子もないことを言ってしまえば最終的には「好みの問題」です!

あくまで、種類が多すぎて選べない時の、大まかな目安だと思ってください。

一番大事なのは、“着けた時のフィーリング”です!!

 


さて、自分で勝手に広げた風呂敷を強引に畳んだところで、私は「商品を着けた写真をSNSにアップして金持ちぶる」という例の作業に戻ります。

ネットの中ではスー〇ーマンになれるんです!
シュワッチ!

 

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。