ロレックス -ROLEX-

ヨットマスターIIの系譜をおさらい【金の針・銀の針・銀のさら】

『私が落としたのは、青針のヨットマスターIIです!』

あ、すみません。ついヨットIIを例の池に落としたら、という妄想を広げていた店頭スタッフ スギモトです。

正直者には、きっと金針と銀針のモデルもくれるに違いないでしょう。
…そもそもロレックス持ってないけど。

さて、最近バンバン売れてる2017年新型のヨットマスターIIについて、ちょっと思い出してみます。
お客様に聞かれて、『アレ、針の色ってどういう順番だったけ?』と不安になった時計店のスタッフにもオススメです!(私じゃありません!本当です!信じてください!)

それでは妄想おじさんと一緒に、シリーズの最初から振り返ってみましょう。
まずは、2007年に登場した、記念すべき最初のヨットマスターII。
レガッタレースとかいう全くお馴染んでいないスポーツ向けの新作でした。

 

デビュー時に登場したのは、ホワイトゴールドモデルとイエローゴールドモデルでした。

 ①116689 WG (銀針→青針)

 ②116688 YG (金針→青針)

当初は銀針・金針で出ていましたが、マイナーチェンジでどちらも細い青針になりました。

 

そして、2011年。 今度はステンレスとピンクゴールド(エバーローズゴールド)のコンビモデルが投入されます。

 ③116681 SS/PG (青針)

グッとお買い求め易くなりましたが、SSモデルの登場が待たれました。

 

 

時は過ぎて2013年。 待ちに待ったステンレスバージョンのお披露目と相成りました。

④116680 SS  (青針)

さらに、この時期には新ムーブメントが登場します。 今までのCal.4160からCal.4161になり、信頼性アップ。

ここまでが、言わば第一世代のヨットマスターIIです。

 

そして2017年、新作が発表され、全てのモデルが新しくなりました。

⑤116689 WG (銀針)

⑥116688 YG (金針)

⑦116681 SS/PG (金針)

⑧116680 SS (銀針)

 

ムーブは変わりませんが、インデックスや針のデザインが変更になりました。

特に針!細い青針から、ベンツ針になりました。

 

*新旧のモデルの違いについては、コチラの記事で細かくご紹介してます

赤シードだけじゃない!ヨットマスター2もしっかり変わったんですよ!? 系譜をまとめると、こんな感じです。


2007年
①116689 WG     (銀針→青針)
②116688 YG      (金針→青針)

2011年
③116681 SS/PG (青針)

2013年
④116680 SS    (青針)
*Cal.4160 ⇒Cal.4161

2017年
⑤116689 WG     (銀ベンツ針)
⑥116688 YG      (金ベンツ針)
⑦116681 SS/PG (金ベンツ針)
⑧116680 SS      (銀ベンツ針)

 

★針だけに注目すると…
116689 WG      (銀針→青針→銀ベンツ針)
116688 YG       (金針→青針→金ベンツ針)
116681 SS/PG  (青針→金ベンツ針)
116680 SS       (青針→銀ベンツ針)


 

いかがでしたでしょうか。 ご愛用のヨットIIはどのモデルか、ハッキリしましたでしょうか。

え?持ってない??

 

それは大変です、どこか安く売っている店は無いかしら…

あ! ココなんてどうでしょうか? 中古も新品もいっぱいあるらしいですよ!

しかも在庫はココでチェック出来るとか。

 

まるで店の宣伝みたいになってしまいましたね。いやだなぁ、あはは。

 

そ、それじゃ、私は 『こちら例の池 -時計を落としてみてください-』 というギルティスレスレの看板を立てに出掛けてきます!   最後にひとつ。

拾った時計は売っちゃダメ、ぜったい。

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。