時計

【TUDOR】スタッフ間ではなかなか話題になっているチュードルの時計【温故知新】【I’ll be back?】

やっと秋の気配を感じ始めることができるようになりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。こんにちは。フジナワです。

スタッフ間ではなかなか話題になっているチュードル

さて、まだ巷ではそんなに話題になっていないような?しかーし、スタッフ間ではなかなか話題になっている時計を選んでみました。

チューダー ぺラゴス 25500TN

お一つ目チュードル、PELAGOS。PELAGOS1

ロレックスのサブマリーナ?いやディープシー?のチュードルバージョン。

「今のロレックス」のようなギラツキ感がないので、そういうのを求める人には物足りないかもしれませんが、。

この系統が好きな方は、いいね!と言って頂ける時計だと思います。

チューダー ブラックベイ 79220R

お次もチュードルから、HERITAGE BLACK BAY

HERITAGE BLACK BAY1リューズガードなし、ブラウン退色(風)ベゼル、サークルミラーにゴールドインデックス、日焼けしたトリチウム夜光(風)、今まさに役満もの全て取り!+小バラの現行バージョンです。

私の写真ではこの魅力の10分の1も表現できていません。是非、実物を見て頂きたいと思います。

 

ペラゴスとブラックベイの違いを比較

同じイカ針を持つふたつを見比べてみますと、ペラゴスのガラスはフラットに対して、ブラックベイは若干ドーム風になっています。

PELAGOS & HERITAGE BLACK BAYPELAGOS2HERITAGE BLACK BAY2文字盤の色の感じもペラゴスのマットな感じに対して、ブラックベイは若干のつや有り。

PELAGOS3

HERITAGE BLACK BAY3夜光の光り方も、ブラックベイは青白く光るのに対して、ブラックベイはグリーンに近い発色です。

※繰り返しになりますが、いずれも私の写真では魅力をお伝えできません。申し訳ありません…。

 

一ブランドとしての地位を確立したチュードル

今やロレックスのディフュージョンブランドとしの位置付けから脱却し、一ブランドとしての地位を確立したように思います。

昨年発表のヘリテージクロノしかり、過去のデザインにとらわれすぎるのも良くないとは思いますが、良いものは良い。ということですね。

ヘリテージクロノ

ペラゴスはチュードルのこれからのダイバーの形、ブラックベイは過去のモデルに敬意を表した時計、といえそうですね。

皆様はどちらがお好みでしょうか?

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。