革ベルトを考える

【灼熱】暑くて&厚くて【重厚】PANERAI 交換用 革ベルト

もう夏です。

毎年思うのは『なんでこんなに暑いのにバイクに乗るのか?』と本気で悩んだりします。これを思うのは決まって“少し長めの信号待ち”の時です。
腕が特にひどい事に・・・

で結果家に帰るころには大変なことになる。

これでも写真で見ると大した事は無いですが腕全部がえらいことになってます。当然お風呂は地獄と化します。

日焼け止めを塗ってから(3歳の娘に『ちゃんと日焼け止めを塗ってからバイクに乗りなさい』と言われている)乗るのですが、今回は何を間違えたか娘の日焼け止めが玄関に置いてありソレを使ったのが完全な敗因です。

もう途中で電車に乗り換えてしまおうかと思うほどに暑い日だったんです。

昼飯を途中のロードサイドレストラン(普通に言えば食堂で)で食べていてぐったりです。日差しが暑いだけでなくバイクには『剥き出しのエンジンに跨る狂気』もあります。

5ナンバーの車とさして変わらない排気量を持ち、完全な空冷エンジンという狂った果実です・・・

さて夏が来るとどうしてもオフの時の恰好がユル~くなります。まあTシャツにジーンズというのがいつものスタイルなんですがやはりバイクに乗っていると服装の素材にレザーが切っても切れない関係で存在します。

でも本当は『こだわり』何だと思います。
cimg01341
こだわらなければ、レザーでなくてもいいわけで・・・
cimg0135
これもそうですし・・・
財布なんか
これなんか15年も使い続けてるし・・・

時計のストラップに自分らしく『こだわる』

なんて書いていると思うのは、時計のストラップもそうなのかと思います。

時計本体にこだわるが、ベルトは純正が大切と考えるのも悪くはないですが、そこに少し『こだわる』という要素を入れてみてもいいような気がします。

過去のブログでも少しベルトについて書いたりしましたが、やはり自分の『カラー』を出すためにいろいろなベルトを着けたりして楽しんでます。

パネライ用のクロコダイルストラップのこだわり

button_croco
販売を開始したパネライ用のストラップなんてかなりの作りこみです。『こだわり』の塊みたいな作りこみが感心します。

とくにポイントとして『符』の選択です。がっちりしたイメージのある竹符を使っているので、かなりクロコらしい感じです。

よく言われるの『汗でダメになるのが早い』という部分ですが、これは私も驚いた対策をとっています。裏地もふつうは汗に弱そうな素材なのですが、これは違います。

靴などの中敷きに使われる素材が採用されているので、かなりいいのではないでしょうか。徹底的にこだわって作りこんでいます。

変化を楽しむヌメ革ストラップ

それに
leather_main2
これもかなり楽しめる素材です。

ヌメ革は変化を楽しむということですね。上で掲載した財布も昔はこの色でしたが、年月を経て変色しています。ヌメ革は表面がやけるので、使い方ひとつで個性的な風合いを出せると思います。

 

時計を楽しむのは本体だけとは限りません。ストラップに『自分らしさ』という個性を求めてもいいと思います。

パネライをお使いの方は一度是非見に来てください。よろしくお願いいたします。

ABOUT ME
タカギ
【宝石広場 店頭スタッフ:時計業界歴30年以上? / 好きなブランド:ロレックス】90年代に本場スイスで時計業界に携わっていました。 最近痛感したのはいつの間にかビンテージ”になってしまった90年代後期の時計達を見ながら、自分がこの業界に入った時は現行新品でしたという現実。 バイクと時計をこよなく愛し終わらない機械式人生を過ごしてます!

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。