IWC -IWC Schaffhausen-

元祖はポルトガル?? IWC ポルトギーゼ オートマチック

皆様、こんにちは!!!
通信販売部のTAKAHASHIです。

今回、ご紹介する時計はこちら↓
IWC ポルトギーゼ オートマチック 【IW3531-002】です。

1930年代にポルトガル人の商人が、
IWCに「マリンクロノメーターに匹敵する精度の時計を作って欲しい!
という依頼からポルトギーゼの歴史がスタートしました。

大半の方が想像していたであろう、
「なんかポルトガルっぽいよね!?」というのが大正解でした。

ご紹介するポルトギーゼは、
ケース径が35mmで通称【スモールギーゼ】とも呼ばれ、
流通も少なくとても人気のモデルです。

針やインデックスのゴールドは、
とても上品で悠々たる大人を演出します。
文字盤の〝International Watch Co″のデザインもたまりません。

搭載ムーブメントは、
ジャガールクルト製CAL.891/2を搭載し、
名機をシースルーバックから見る事が出来ます。


少し古いモデルになると純正の尾錠が付いていない事が多いのですが、
この個体は尾錠が純正である事も嬉しいポイントです。

現行のポルトギーゼクロノはややケース径が大きく、
ポルトギーゼオートマティック40でもまだもう少し小さい時計をお探しの方!!!
QZではなく機械式をお探しの女性の方!!!

上品な見た目に安心できる機械を搭載したスモールギーゼ。
オススメです。

それでは、また次回!!

ご紹介した商品


IWC ポルトギーゼ オートマチック IW3531-002


こちらのスタッフにLINEでメッセージが送れます。

LINEで問い合わせる

スタッフのプロフィールを見る

スタッフ一覧ページ

ABOUT ME
TAKAHASHI
【宝石広場 スタッフ:時計業界歴約6年】元々、時計を眺めているのが好きで入社。時計もジュエリーも勉強中。見た目がカッコいい・ムーブメントの作りが綺麗な時計が好きです。【好きなブランド】ロレックス、ランゲ&ゾーネ、ブレゲ 【プライベート所有時計:ロレックス シードゥエラー 16600 / 過去の所有時計:オメガ ヴィンテージ シーマスター、IWCスピットファイアクロノ】

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です