時計

セイコーホールディングス「プレザージュ」が売れ筋|日本の技術

こんにちは。5月に入り大変暑くなってきました。クールビズのありがたみを感じつつ過ごしております。

さて。最近ニュースで、セイコーホールディングスの2015年3月期は、主力の腕時計事業の売上高が前年より5・5%増の1590億円。と出ておりました。やはり外国人の方への需要が増えたようで、その割合は全体の2割を占めているようです。

当店でも、外国のお客様がセイコーを購入されることも増えておりますが、今後ももっと日本の高い技術を持ったセイコーの時計が認知されていけば、なんだか誇らしい気持ちになります。

「プレザージュ」というモデルが売れ筋

記事によりますと、5万~10万円前後の「プレザージュ」というモデルが売れ筋のようです。

ちなみにプレサージュというモデルはこれです。当店で取扱いの有ったモデルですが・・・、
sk107
sk108

黒い文字盤は漆が用いられで、白い文字盤は琺瑯(ホウロウ)が用いられています。

どうでしょう、粋じゃありませんか?もちろんそれぞれのダイヤルは熟年の職人の手によって仕上げられています。

詳しい内容はセイコーのホームページにこのそれぞれのモデルの特設ページがありますので、興味のある方は是非ご確認して頂ければと思います。

重要な価格ですが当店の販売価格で上記画像のモデルで

  • 漆文字盤で¥112,320.(税込)
  • 琺瑯の文字盤で¥69,120.(税込)

と実物を見て頂くとコストパフォーマンスの高さにご納得頂けると思います。

ちなみにこちらのモデル、現在在庫切れとなっております。

当店も在庫を切らさずに店頭に並べておきたいモデルなのですが、生産本数自体も多くは無いようで、なかなか補充が難しい状態であります。

人気の高いモデルですのでご検討の方は、買い物カゴが付く瞬間をお見逃しないようHPをチェックして頂ければと思います。

森本でした。

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。