修理・アフターサービス

使った時計を放置すると汚れ錆びの原因になります|さぁ、やってみよう

みなさんこんにちは!アフターサービスの小島です

久しぶりに自宅の大掃除をしていたら、放置していたCal.6497がほこりにまみれていました。

あわててケースに戻そうと手を伸ばしたところで、ふと。自分好みの時計ケースが欲しいな、と
相変わらず思いつきの行動ですが、今回はしっかりと図面を描こうと思います。どうせなら前から気になっていたCADで。。。

初めてCADで作図しましたが、
頭の中だけでなく、イメージを目にしながら描きだせるので、より正確な寸法を考えやすいです。

とりあえずCal.6497のサイズだけを図面化
 

ケースを描きだして、、、、、、寸法線を引く
    

思った以上にサクサクできましたが、次は材料探しに難航しそうです。こんな50mm近いサイズの丸棒やパイプ、見たことないです。。。

1日使った時計をそのまま放置すると汚れ錆びの原因に

さて、ケースといえば、1日使った時計、そのままにしていませんか?ほっておくと、汚れは知らない間にたまってしまいますよ。

たとえばこの時計。パッと見汚れは少なそうですが、、、裏側には汚れがたまっています。
                                
さらにブレスレットを外すと、、、ばね棒がさび付いています。
                   
さらにさらに裏蓋を空けてみると、、、。                   
見ていると気持ちの悪くなる状態ですが、見た目以上に状態は深刻です。汚れで空気の流れが遮断されてしまうと、錆の原因なってしまうのです

時計でよく使われるステンレス。

英語でStain less =錆の・無い

とはいうものの、、、。条件がそろえば簡単にさびてしまいます。

この時計には、内部まではさびが出ていませんでしたが、こうした汚れを放置することで
さびは知らぬ間に出てしまいます。せっかく高い防水性のある時計でもさびてしまえば意味がなく、非防水ならなおさらです。

当店でご購入された方には汚れをふき取る布もさしあげていますので一日の汚れを拭き取ってあげて下さい。

そしてたまに洗浄をすることで、ふき取るだけではとりきれない汚れもまったくキレイになりますよ。

ABOUT ME
小島
【宝石広場アフターサービス部|宝石広場 時計修理センター 渋谷スタッフ】時計修理技師。時計修理業界歴約20年。時計の状態確認/点検/判定/故障個所の修理などの技術的な対応から、接客/見積もりまで幅広く担当。 DIYにハマり中。片付けのための工具が増え過ぎて、本末転倒を肌で感じています!

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。