時計

レディースウォッチの紹介 ジャガー・ルクルト『レベルソ』1833÷176=?

こんにちは。森本です。

本日、10月4日。10月に入って初の日曜日。皆様、いかがお過ごしでしょうか。秋、楽しんでますか?

レディースウォッチの紹介です

さて今回はレディースウォッチの紹介です。と、言いますのも今まで自分のブログが「メンズウォッチばかりだったな~」とふと思ったからです。

そこで注目したブランドは【ジャガー・ルクルト】。このブランドを着けている人を見かけると、時計好きの匂いがプンプンしてきます。

ロレックス、オメガ、タグ・ホイヤー等のブランドに比べると知名度は劣るものの、ブランドの歴史は何と176年前(1833年)にさかのぼります。

1833年といえば、日本では江戸時代で元号は天保、将軍は徳川 家斉。大飢饉が始まった大変な時代だったようです。

ちなみに科学者の『ノーベルさん』が生まれた年でもあります。生まれた当時は、こんなに世界に名を残す人物になるとは誰も知るよしもなく・・・。

また歴史あるブランド【カルティエ】の創業が1847年になりますので、カルティエより更に古いブランドになります。

もちろん、ただ古い訳ではありません。色々やってきたのです。

世界最小のムーブメントを製作したり、温度変化で動く置時計を発明したり、自社ムーブメントを数々の有名時計メーカーに供給したりと長い歴史と高い技術を合わせ持ったブランドなのです。

ジャガー・ルクルト 代表作のレディースモデル「レベルソデュエット」

ではそんな由緒あるジャガー・ルクルトから代表作をどうぞ・・・【レベルソ】品がありますね~。この凛とした長方形のケース・・・

このモデルはレディースサイズの【レベルソデュエット】。ダイヤルカラーは程よい光沢感を持ったスマートなシルバー、中央にギョーシェをあしらい立体感をつけています。
そのギョーシェにブルーの針が乗り、どこか都会的な印象です。

そして時計の印象を決めるインデックスは、まるで書道家が筆で描いたかのような趣のある数字。

派手さはいりません・・・、あくまでもシンプルで上品に・・・。カチッとした長方形のケースに、几帳面に整ったデザイン。ONモードに大切なピシッとした雰囲気がカッコイ

スーツスタイルに決まるこのデザインは、
きっと、仕事とオシャレに一生懸命な女性の力になってくれる事でしょう。

さて、レベルソといえば反転するケースで有名なので反転してみましょう。

くるりんパッ!

表とは全く違う文字盤です。先程とは違った可愛らしい雰囲気です。

可愛らしさの決め手はこのピンクゴールドカラーの太くて短い針でしょうか。この文字盤では時間を12時間で表します。

もちろん可愛いだけでは終わりません。ケースの上下にはダイヤモンドをあしらい、ダイヤルにはホワイトシェルをセット

強い輝きを持つダイヤモンドと、優しい光沢を持つシェル、そこに上品でありながらフェミニンなピンクゴールドカラーの針が時間を示します。黄金バランスとはこのことでしょうか?

そしてストラップはクロコをセット。女性らしい文字盤にハードなクロコ革を合わせた甘辛MIXとなっています。カッコ良くて可愛らしい、愛され時計の紹介でした。

では、また。

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。