FUCHIDA's Pick

レアメタル…唆るぜこれは!《カルティエ クレ ドゥ カルティエ HPI01057》

どうも、だーふちです。

クレ」って言ったら何を思い浮かべます?

だーふちはこれです。

そう、「サビを落とし、サビを止め、動きをよくする」でお馴染みの「KURE5-56」

だーふちの実家では父親が「CRC」と呼称していたのでだーふちもずっと「CRC」呼びだったのですが、「クレ派」が多いようなのでクレと呼ぶようになりました。

 

さて、科学クラフト王国の方には「KURE5-56」の方が良いんでしょうが、時計屋的にはこっちの「クレ」を是非紹介したい。

カルティエ 《クレ ドゥ カルティエ HPI01057》

先ずはこの輝きを動画でご覧ください。

キャランキャランです✨

でまぁ、ダイヤもすごいしスケルトンフェイスで只物じゃない感がバシバシなんですが、だーふち的に「唆るぜこれは。」って感じたのはケースの地金素材が「パラジウム」ってところです!

パラジウムとは?

パラジウム(palladium)は、原子番号46の元素。元素記号は Pd。白金族元素の1つで貴金属にも分類される。

常温、常圧で安定な結晶構造は、面心立方構造 (fcc)。銀白色の金属(遷移金属)で、比重は12.0、融点は1555 °C(実験条件等により若干値が異なることあり)。酸化力のある酸(硝酸など)には溶ける。希少金属の1つです。 

希少性が高いのと、加工難度の高さからパラジウムをメイン素材に使用したものは昔はほとんどなく、ホワイトゴールドやプラチナの割金に使われることがほとんどでした。

しかし近年は加工技術が向上し、ジュエリーなどに使われることも増えてきました。

そして驚くべきはその値段!

6月頭の地金相場でざっくり言うと

金¥7,000ちょい

プラチナ¥4,000半ば

パラジウム¥10,000アッパー!!

高騰している金の約1.5倍、プラチナと比較すると約2.5倍という超高級素材!!

こんな高級素材使っちゃうなんてカルティエマジですごい…。

腕に載せるとこんな感じ。

スッキリですが輝きがレベチなので存在感マシマシ固めです。

ダイヤ巻きのキラキラ時計が気になる方と、レアメタルに唆られちゃう科学王国民の方はLINEでご連絡下さい。

ご紹介した商品

カルティエ
《クレ ドゥ カルティエ HPI01057》


こちらのスタッフにLINEでメッセージが送れます。

LINEで問い合わせる

スタッフ紹介ページを見る

スタッフ一覧ページ

ABOUT ME
だーふち
だーふち
時計業界歴約10年。店頭では革ベルト屋としてお客様のみならずスタッフのベルトの悩みも解決します。自分と同年代の80年代後半から90年代のネオヴィンテージ時計がお気に入り。いまだに週刊少年ジャンプと週間ヤングジャンプを紙媒体で購読する自称「筋金入りのジャンプファン」

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。