新着情報

実は○○兄弟なんです。

いつも宝石広場のブログをご覧頂き、ありがとうございます。
ソメイです。

ご自身がお持ちの時計が、
「いま手放したら幾らになるんだろう?」
と、お考えになられる方も多いと思います。

当店でもお買取りをしているので、毎日必ず数回はそのようなご質問を受けます。

時計の値段には、
○日本定価
○実相場の買取価格
○同じく販売価格
などがあると思います。

が、 

その値段だけでなく、その値段の内訳に目を向けて見ると
コストパフォーマンスが「高い」「低い」かというモノもあります。

 

コストパフォーマンスという部分は、ブランド名や各モデルのデザインなどに埋もれてしまいがちな部分です。

時計に詳しいお客様であれば、ご自身で時計をご覧になられて「ピンッ!!」
と来る方も多いと思いますが、そうでないと見逃してしまう事も多いでしょう。

例えば、車を例にしてみると、
○メーカーが違えどベースのエンジン等が同じ。
○実際に製造している工場が同じ。
といった部分でしょうか?

ブランドが変わっただけでお値段にもかなり反映されますよね。

時計もそれと同じで、モデルが違ってもベースムーブが同じなんて事はかなりあります。

例えば、コチラ・・・
 
右はパテックの5070R(在庫は無いですが、現時点の相場ではおよそ500万円強)
左はブレゲの5237。(当店の中古の販売価格で189万円)

値段だけ見たら倍以上の開きがありますが、

よ~~~く紐解いていくと・・・

ベースのムーブメントは同じレマニアcal.2310。

仕上げの違いや、コラムホイールにダストカバーが付いていたりと違う部分も多々ありますが、
同じ機械がベースと考えれば、値段差にビックリしますね。

「天下のパテック様だから名前が高いのよ。」

と言われれば、ネームバリューというのもありますけどねぇ・・・。

その他にも、実際に良く比較対照に上がるこの2つも・・・
 
右:オーデマ・ピケ
左:ヴァシュロン・コンスタンタン

ベースはジャガー・ルクルト製のムーブを使い防水性能以外は、
機能も全く同じですが、お値段は・・・
右:定価¥2.037.000   販売価格:¥1.250.000
左:定価¥1.869.000   販売価格:¥1.180.000
と変わってきます。

「オレは○○のデザインの方が好きなんだぁ!!」
という部分があれば別ですが、純粋に「どっちにしよう?」と考えると、
ヴァシュロンの方が、防水性能もオーデマより高くてお買い得ですよね。

このような見方をすると同じ時計でも、また違った見え方がするのではないでしょうか?
イロイロと話していくと、話は尽きませんので続きはまた今度。

実際に時計を購入する時に、こういった部分も考えてみると面白いですよ。

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。