宝石広場イベント

続けるべきか、止むべきか。

こんにちは

ネット部 なかむらです。

先日ネット上で行われていた企画 『ずっと欲しかった!Vol.9』
3日間という短い期間での限定イベントではありましたが、
お陰様で大盛況で、幕を閉じることができました!!

次回のVol.10ではどのような商品が並ぶのか…:?:
今からワクワクしております♪

さてさて話はかわりまして…

2010年10月1日、たばこの料金が大幅に値上げされました。
喫煙者にとっては衝撃のXデーとなってしまいましたね…

ほとんどの銘柄で一箱あたり60円から140円は過去最大の値上げ幅だそうです。。

日本では、たばこの料金自体が元々、低料金設定ということもありますが、
ここまで一気に値上げすると…正直、喫煙者には辛いものがあります:oops:

…しかし、思い切りましたね~

他の政策もこのくらい思い切って欲しいもんですね!!

事前に何カートン(1カートン=10箱)も買いだめする人や
9月30日夜には、たばこ店には駆け込みで購入する人が相次いだ一方、
1日を過ぎると、小売店は閑古鳥が鳴く店が続出…

初年度630億円の増収を見込んでいるそうですが、本当に実現するのでしょうかね。
もし実現しなかったら、更なる値上げが…

考えたくもありませんが。

ふと思い出した、以前の話になるのですが、
ココ・シャネルの生涯を描いた映画の広告用ポスターが、フランスで問題になりました。

↑このポスター、何が問題になったかというと…

フランスの法律では公共の場で、喫煙を促す情報を流すことは禁止だそうです。

しかし、ココ・シャネルは1日50本吸うことが当たり前のヘビースモーカー。
ポスター同様、ベッドの上での喫煙は当たり前。

彼女の生涯を描く映画の広告だったのにもかかわらず、
バスや電車の交通機関からはポスターが撤去されるという
問題に発展してしまいました。

日本でも今は禁煙ブーム。
いいことだとは思いますが、こういう事態は残念でなりません。
文化遺産に影響される問題に繋がった、今風の話題を紹介させていただきました。

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。