革ベルトを考える

新登場

だいぶ長い間難航していた新しい革ベルトですが、
brawn普通にカーフのベルトを仕立てても「いまさら感」がたっぷり。

何か良い革はないものかと探し続け、ついに見つけたのが「オイルレザー」。
国内で鞣した良い質感のモノに出会えました。

black
いやぁ、、、

ここに至るまでに、何回革を見つけてはサンプルを造り、失敗を繰り返した事か・・・。

特に難しいのが、「パネライの黒文字盤に合う茶色」。
「茶色」といっても色の幅が広すぎて、なかなかイメージに合うものが無かったのですが
やっとイメージに合う色があったのです。

brawn(オイルレザーにクリームもたっぷり塗り込んであるので、少し色ムラがあります。)

そして、、、

この質感を活かす為に、尾錠を尾錠ドーーーーーンと、オ・コ・トの24mm仕様に。
(左が24mm仕様、右が純正22mm)

どうですか?
この存在感の違い。

コレだけの存在感があれば、時計の本体のボリュームに負けず
さらにオトコっぷりを上げられるハズです。

ちなみに販売価格は24mmの尾錠もセットで、¥20,000(税込)。
尾錠はポリッシュ(艶有)とサテン(艶無)と2種類から選べます。

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。