革ベルトを考える

ヒサダ通信

だいぶ気温も落ち着いてきた今日この頃。 皆様いかがお過ごしでしょうか?
営業部のヒサダです。

暑い夏は以前にご紹介したように、「白パン」に「白ラバー」を第1テーマに生活しておりました。
ヒサダ 白パン
ただ気温も落ち着いてきたので、これから来るであろう秋に向けてのテーマを考えております。
秋といえばブラウン系の洋服を・・・という選択もありますが、あまりブラウン系の服は持っていないので、
現在のワードローブの中で活かせる組み合わせを模索中です。

まずはガルーシャ。
ヒサダ ガルーシャ

海の宝石ともいわれるガルーシャは、光の当たり加減で石と呼ばれる粒状の
小さな盾鱗がキラキラと光り輝くたいへん綺麗な素材です。。。が、個性的かつ
あまり一般的ではないので少し好みは分かれるかもしれません。

ヒサダ ガルーシャ

ただこの輝き・・・。1度魅了されたらハマる事間違いなし。
私ヒサダとガルーシャの出会いは先輩社員に自分の時計に勝手に取り付けられた事から
始まりますが、数分間腕に装着したらこのキラキラ感に完璧にハマりました。

装着イメージは、
ヒサダ ガルーシャ

ガルーシャ ヒサダ ヒサダ ガルーシャ

遠く離れて見ると少しインパクトに欠けるかもしれませんが、
チラッと袖口から出たストラップが周りの人から判別可能な距離になった時のインパクトや
自分で時計を見る時など接近戦には強い個性を発揮する素材ですので、
今年の秋はこれで行こうかと思案中です。

・・・・実はもう1個候補があったりして・・・・

ヒサダ ガルーシャ パイソン

続きはまた後日。

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。