修理・アフターサービス

腕時計トラブル:曇り|時計修理専門スタッフが原因や対処法を解説!

こんにちは!宝石広場アフターサービス部の藤本です(/ω\)

今回は、これからの季節に多くのお問い合わせや修理の依頼を受ける『腕時計の曇り』について、時計修理専門スタッフ目線より解説させていただきます(‘ω’)ノ

腕時計のガラスの曇りの原因は?

腕時計のガラス内が曇ってしまう『曇り』という故障トラブルの原因は何でしょうか。

原因はズバリ、時計の内部に水分が入り込んでしまっているからです!

↑上記の画像の時計は、曇りというより水に落としてしまった”水没”に近い状態ですが、その水に落としてしまった水没よりも、仕組みを知らないと発生してしまうのが”曇り”です(+_+)

腕時計のガラスが曇る仕組みは?

腕時計を着用していると、ほんのり暖かくなります。

金属素材に最初触れるとヒヤっと感じますが、長い時間着用していると着用者の体温が移って腕時計もほんのり暖まるからです。

時計の内側と外側で大きな寒暖差があると、時計の内側で結露が発生して曇りが発生します。

冬に暖かい部屋の窓ガラスが、外との寒暖差で結露して水滴が付くのと同じ原理です。

水分が多く入ってしまっている場合は、寒暖差が無くてもどんどん曇ってしまいます(*_*)

メーカーや防水性能問わず、使い方を誤ると曇りは発生します。
ねじ込みリューズをはじめ、ロックを機能させていないと
防水スペックが高くても湿気は容赦なく侵入します。

腕時計のガラスの曇りの対処方法は?

腕時計のガラス内側が曇り始めてしまった場合、どうすればよいでしょうか。

⇒ 残念ながらお客様ご自身でできる対処方法はありません(T_T)

時計には、内部に水分が入らぬように要所要所にパッキンが配置され密閉されているので、一旦侵入した水分がそれらを通り抜けて出ていくのは非常に難しいのです。

初めてガラス内の曇りに直面すると、『時間が経てばそのうち曇りがとれるだろう』と思われるかもしれませんが、曇り=時計内部への水分の侵入という危険な状態です(+o+)

そのまま放置”は最悪の対処方法です。
さらに、下記のような対処方法も意味がありませんので、絶対にやめてください!

シリカゲルなどの乾燥剤と一緒にジップロック袋に入れても、
時計にパッキンがあるので水分を完全に除湿できません!

時計にドライヤーで風を当てても、水分が水蒸気になるだけで残り完全に除湿できません。温風を当てると時計が高温になりムーブメントをはじめ、全体に負荷がかかりますので絶対にやめてください!

乾燥しているからといって除湿のため冷蔵庫に時計を入れるのは、冷却モーターによる帯磁のリスクがあり、温度変化によりムーブメントをはじめ、時計全体に負荷がかかりますので絶対にやめてください!


もし仮に、外見上は一時的に曇りが薄まったとしても内部に侵入した水分を
ケースを開けずに完全に除去することは出来ません。

⇒ 安心してそのままにしていると、内部に侵入した水分により錆が進行してしまいます。

 

一度水分が内部に入ってしまった時計には、ケースを開けての適切な除湿処理が必要です。

出きるだけ早く水分を除湿しなければ文字盤・針・夜光塗料などが水分によりダメージを受け、錆や染みや汚れだらけになったり、時計が止まってしまう事もあり得ますので、時計修理専門店へ急いでご相談ください。

宝石広場に時計修理を問い合わせる
ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

 

水分が浸入した時計の内部は

面倒だからといって、そのまま放置してしまうと…

時計内部に茶色い錆が発生しています(*_*)


こんな恐ろしいことに!
水分により駆動部の油は流れてしまい、発生した錆で時計が動作しなくなってしまいます(*_*)

 

腕時計によく使われるステンレス素材(Stainless steel)は、「Stain(錆び、腐食)」「less(より少ない)」「steel(鋼)」という英語の名称とおり、”錆びない・腐食しない”と思われがちですが実際にはそんなことはありません。

ステンレス素材は、鉄にクロム(Cr)という硬い金属を混ぜた、腐食に対する耐性を持つ合金素材です。

混ぜられたクロム素材が形成する酸化被膜により、錆や酸化などの化学変化が鉄と比べて発生しにくい素材です。

しかし水分が付着すると、その部分だけ被膜が形成できず、劣化して錆が発生してしまいます。

錆びたパーツにより正常に動作しなくなり、最終的には時計が止まってしまいます。

時計に水分が入らないようにするためには

時計に水分が入らないようにするために、普段から下記の3つに注意してお使いください
( ..)φメモメモ

リューズを閉め忘れない

ねじ込み式リューズのモデルは、リューズをねじ込んでいないと防水性は機能しません!
手巻や時刻合わせ操作後にねじ込みを忘れてリューズが飛び出た状態ですと、防水性が発揮されず、水分が浸入してしまいます。

さらに、よく触れる箇所であるリューズやリューズ周辺が汚れていると、しっかりリューズが閉まらず防水性が低下してしまいますので、汚れがたまらないように清掃もお忘れなく。

 

パーツの劣化に注意

長年メンテナンスされていないとパッキンが油分を失い硬化して切れてしまったり、パッキンでは隙間を埋められず水分が浸入し、錆がケースや裏蓋等の金属パーツを腐食してしまいます。

ゴム製のパッキンは消耗品ですので、定期的な整備のオーバーホールやメンテナンスを心掛けてください。クォーツ式時計でもいつかはオーバーホールが必要になります。

 

そもそも水に近づけない

手を洗う時は時計を外す、雨が降ってきたら時計を外す。水と近づけない。
これが最もシンプルかつ最強ですが、腕元が寂しいですね…。

また、防水性能の高いダイバーズウォッチであっても、風呂やサウナは湿度だけでなく温度もが高いため、持ち込むのは危険ですので絶対にやめてください。

 

もし時計が曇ってしまった場合 修理代金は?

もし時計が曇ってしまった場合、放置して錆が発生してしまう前に、宝石広場アフターサービス部などの時計修理専門店へすぐにお問い合わせください。

宝石広場では、曇ってしまった時計の修理対応として基本的にオーバーホールでのご案内になります

宝石広場 時計修理:オーバーホールについて

基本的なオーバーホールの代金として、クォーツ式で¥24,000~自動巻き式で¥26,000~となります。

※故障の症状、時計メーカーやモデル、搭載された機能により、オーバーホール代金は異なります。
ご相談は無料でございますので、まずはお問い合わせください!

 

腕時計のガラス曇り症状まとめ

ぶつけたり落としたりの衝撃、電化製品や電子機器が発する磁気、そして最悪な場合は時計が止まってしまう水分

3つとも時計にとっては大敵です!是非とも注意してお取り扱いください!

小さなケースの中に精密なパーツが多数組み合わされた腕時計には、ほんの僅かでも悪影響を及ぼしますので、丁寧にお取り扱いください。

・水に注意(風呂・手洗い・ゲリラ豪雨)

・不調が起きたら、なるべく早く時計修理専門店へ

これからの季節は、雨や台風など水に濡れたり、汗をかいたりの機会が多くなります。

うっかり腕時計を誤って洗濯機で衣類と一緒に洗ってしまった!という事例もございます( ;∀;)

腕時計のガラス内が曇りだしたら、危険なサインです。

大切な腕時計の文字盤などが水分に濡れて重症化してしまう前にご相談ください!

宝石広場に時計修理を問い合わせる

※文字盤や針交換は、メーカーサービスセンターでのご案内になり、長期かつ高額修理となる傾向にありますので、くれぐれもご注意ください!

オーバーホールをはじめメンテナンスについてのご相談は無料ですので宝石広場まで、お気軽にお問い合わせください。

 

 

  • 関連ページ:「腕時計トラブル」ブログ記事

時計修理専門スタッフが解説『遅れる』原因と対策

 

それでは、また次回の「腕時計トラブル」ブログにご期待ください!(@_@)!

 


Instagram
Twitter
facebook
メールマガジン

 

【毎日アイテム追加!新品も中古も圧倒的な在庫数!】宝石広場オンラインストア
【高級時計・宝石の買取り&下取りLINEですぐ査定!】宝石広場 高額買取サイト
【オーバーホール・電池交換なんでもお任せください】宝石広場 時計修理サイト
お問合せフォーム】【 LINE 】【TEL
03-5458-5429 営業時間 11:00 〜 19:30】

ABOUT ME
藤本
藤本
【宝石広場アフターサービス部スタッフ】 昭和末期生まれ。近年は癒しを求めて"すみっコぐらし""コウペンちゃん"などゆるめのキャラクターにハマってます!

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。