SHIMIZU's Pick

【ヴァシュロン・コンスタンタン】芸コマすぎ【フィフティーシックス デイデイト】

清水デース

フィフティーシックス デイデイト

またツラが良いのがおりますよ。2018年とごく最近コレクションに加わったにも関わらず、すでにヴァシュロンを代表する人気コレクションのひとつ、フィフティーシックスのデイデイトです。

これおもしろいのが、一見丸形ケースに見えてベースがクッションケースのようになっているデザインなんです。そこからラグに繋がって、マルタ十字を模しているんでしょうね~。うーん芸細。

複数のギョーシェが組み合わされた文字盤に、ブロック体のフォントがスッキリとした印象ながら、隠しきれないほどの只者ではないオーラが溢れています。

マルタ十字がこんなに!

フィフティーシックスとフィフティーエイト、どっちがどっちかわからなくなります。

ヴァシュロンの歴史、モデル名の由来はこちら

ヴァシュロン・コンスタンタンとは

1755年創業以来、一度も途切れたことがない世界最古の時計メーカー。

パテック・フィリップ、オーデマ・ピゲと並んで、世界三大時計メーカーのひとつ。ブランドの特徴であるマルタ十字のロゴは、当時のジュネーブ製パーツが聖ヨハネ騎士団の象徴であるマルタ十字に似ていることから、同社のシンボルとして商標登録されました。ジュネーブウォッチの歴史と技術を重んじ、継承する強く固い意思が伺えるエピソードです。

シリーズ名

◆オーヴァーシーズ
「海の向こう」という意味のモデル名のとおり、海を越えた旅に相応しいタフさを備えた、高級スポーツウォッチライン。

1970年代のクオーツショックに対抗するべく製作された、オーヴァーシーズの前身「222」をベースに、薄く、防水性が高く、夜光塗料やサファイアガラスなどで高い実用性を備えています。マルタ十字を象ったベゼルの他にも随所にマルタ十字の意匠が見られるデザインも特徴的です。

◆フィフティーシックス
2018年に発表された、マルタ十字のロゴから着想を得たケースの新シリーズ。
ドレスウォッチの美観とスポーツウォッチの高い機能性を併せ持っています。

1956年に発表された、マルタ十字をアレンジしデザインに落とし込んだラグが特徴の「Ref.6073」から着想を得ています。初代の発表年からのネーミング。

◆パトリモニー
「伝統を受け継ぐ」という意味のパトリモニーの名前のとおり、1957年に製作されたモデルを現代的にリファインし、2004年に誕生したシリーズ。
細身で長い針や、細く短いラグ、ベルトも細身仕様のため、クラシカルながら非常にスタイリッシュでモダンなドレスウォッチ。

トラディショナル(伝統的)とコンテンポラリー(現代的)のラインがありましたが、トラディショナルが独立し、コンテンポラリーがパトリモニーとして統一されました。

◆トラディショナル
2007年にパトリモニーシリーズに加わったトラディショナル(2014年に独立し、現在では別シリーズとなった)。同じクラシックウォッチラインで現代的な要素を取り込んだパトリモニーとは対照的に、古典的なドーフィン針や、ヨーロッパの鉄道史を思わせるレイルウェイなどからも見られるように、トラディショナル=「伝統的」な要素を取り込んだデザインが特徴。
◆ケ・ド・リル
ヴァシュロン縁の地、19世紀のキャビノチェ(スイスの卓越した技術を持つ時計技師)たちの本拠地であった、スイス・ジュネーブのローヌ川中州に位置するケ・ド・リルが名前の由来。2008年発表。
発表当初はケース形状やデイトの有無、文字盤色など自由に組み合わせられるセミオーダーシステムでした。2016年からはオーダーシステムではなく通常モデルも発表されるようになりました。
◆ヒストリーク
ヴァシュロンが長い歴史の中で製作した、過去の希少なモデルや複雑機構を現代的にブラッシュアップし、復刻させたシリーズ。
他シリーズがケース形状や基本機能は統一されているのに対し、ヒストリークは形状も機能も様々なのが特徴的。


ヒストリーク歴代モデル

◆アメリカン1921
自動車のハンドルを握った状態でも時刻を読み取れるよう文字盤を回転させたモデル。1921年アメリカ市場向けに発売され、2009年に復刻されました。

◆アロンデ1954
1954年に製作された、アロンデ(「カモメの翼」を意味するフランス語)の復刻モデル。2011年発表。ケースサイドが広げた翼のように見えるために名づけられました。

◆エクストラフラット1955
ブランド創業200年を記念し1955年に発表された「Ref.6099」の復刻モデル。2010年発表。世界最薄ムーブメントのひとつ、キャリバー1003を搭載し、脅威の厚さ4.1mmを実現しました。

◆エクストラフラット1968
1968年に製作されたスクエアウォッチの復刻モデル。元のモデルの流線を排し、直線のみでリファインされました。2010年発表。厚さわずか2.45mmの極薄自動巻きムーブメント、キャリバー1120を搭載。

◆コルヌ・ドゥ・ヴァッシュ1955
1955年に製作された、ヴァシュロン初の防水手巻クロノグラフ「Ref.6087」の復刻モデル。2015年発表。フランス語で「水牛の角」を意味するコルヌ・ドゥ・ヴァッシュという名前独特の、牛の角のような流線形の当時のラグを再現。※宝石広場取り扱いがなかったため画像無し
◆トリプルカレンダー1942、1948
1942:
1942年に製作されたトリプルカレンダー「Ref.4240」の復刻モデル。2017年発表。特徴的な鉤爪型のラグや、日付や曜日の配置・表示方法など、当時の意匠を現代的にアレンジしています。
1948:
1948年に製作された「Ref.4240L」の復刻モデル。2017年発表。フランス語のLune =「月」のLを名に冠し、トリプルカレンダーにムーンフェイズを搭載した複雑機構。

ご紹介した商品

ヴァシュロン・コンスタンタン
フィフティーシックス デイデイト 4400E/000R-B436


こちらのスタッフにLINEでメッセージが送れます。

LINEで問い合わせる

スタッフ紹介ページを見る

スタッフ一覧ページ

ABOUT ME
SHIMIZU
SHIMIZU
時計業界歴約15年。クラシックで実直な時計が好きです。都内パフェ情報なら何でも聞いてください!

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。