スタッフ・タカギの日記

【本気で】遊び心は大切なのか?!【遊ぶ】SINN ジン 956 クロノグラフ

遊びだけは妥協できないスタッフ・タカギです。
いつも思うのは妥協すると“タラレバ”的な要素を残してしまう事が多いわけで
どうせ同じなら本気度を上げていく方が後悔は少ないのかと。
朝
どうして買ったのか分からない本気過ぎるバイクなんだから
泥まみれ
ここまでやらないと“そのもの自体”に申し訳ない気がしてしまうのです。
結果割れる
乗れてると勘違いして車体も体もダメージが・・・
ダメージなんか気にしないで走り続けます。
アスファルトの上を走るわけではないので、調子にのってブロックタイヤを導入したわけですが
これがまた高速道路で修行しているかのごとく走りずらい。
ブロックが似合います
イボイボしたタイヤです。タイヤ一つでガラッと性格が変わるわけです。
このタイヤはダンロップの908RRです。
タイヤといえば車とかバイクと当然切り離せない存在なんですが、この流れから
時計メーカーとも絡んでいきます。
ダンロップと言えばタイヤそして
img_05401
956.FULDAですね。
現在はグッドイヤー・ダンロップグループのFULDAというドイツのタイヤメーカーなんですが、
どちらかと言えばヨーロッパやアメリカなので販売されているタイヤで日本では馴染みの無い
メーカーですね。
img_05361
現在でもドイツダンロップの6工場のどこかで生産されているようです。
FULDAのウェブサイトを見たのですが、ドイツ語のみなので何が書いてあるのやら???
車からトラックそしてトラクターまで対応するタイヤを生産しているようです。
img_0541
具だくさんです!!
ブレスにストラップそして交換用工具に一冊のFULDAに関する書籍
img_0543
ネジが簡単に取れないようにするためにロックタイト(ネジ止剤)もついています。
私のドキドキポイント其の壱
img_0544
ルーペにsinnのマークが入っているのは当たり前なんですが
img_0545
光学機器を作り続け1世紀近く経つドイツのエッシェンバッハのルーペを採用するところに
細かいこだわりを感じます。
おっと時計に目を向けなければ
img_0538
流石は冬の季節に開かれるチャレンジなのでクリーム色の文字盤
img_05391
ETAの7750ですね。実際付属の仕様書にも7750と書いてありました。
img_0546
ユーコン地方で開催されるフルダ・チャレンジの写真だったり
img_0548
砂漠で開催されたラリーチャレンジであったり
img_0550
バイクのタイヤも過去には作っていたようです。
見応えのある本もついていてかなりお買い得な気がするSINNの956FULDA
オススメです。

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。