スタッフ・タカギの日記

【アドベンチャー】冒険してみます【季節の変わり目】SEIKO セイコー 植村直己 大場満郎 ランドマスター

久しぶりにブログを書いているスタッフ・タカギです。
乗ってます
pa270193
見ての通りの雨・・・
pa270224
荷物はごみ袋という最強パッケージ。
台風も25・26・27と連打で続き季節の変わり目を感じます。
秋などはどこに行ってしまったのか・・・

この流は革ベルトの時計を紹介しそうな感じですが、それは普通なので
たまたま中古を店頭に出す時に感じた疑問を
dsc00579
SBCW023大場満郎氏とSBDW002植村直己氏モデルです。
この二本が並ぶのも珍しいので観察してみました。
dsc00575
大場満朗氏の南極大陸単独徒歩横断の成功を記念して1999年に800本限定で発売されたモデルです。
サウスポールですね。パッと見で見てしまうとリミテッド感が薄いような気がしてしまうのですが、よーく見てみると
GMTの時間刻みとベゼルが南半球仕様になっているという面白さ。
それに気づかないで動かすと少し驚きます。なぜなら短針・長針は通常の動きをするのですが、GMTの針が逆回転
するわけです。そしてベゼルの方位を示す刻みも逆になっています。
GMTの時間を見るというには北でも南でも少し不便に感じますが、南半球で方位を見るという事に対応させているわけです。
北と南では方位を見る際に同じではないわけです。
dsc00574
そしてノースポール SBDW002です。2000年に700本限定で販売された植村直己の偉業を記念したモデルです。
記念モデルという事なので少し装飾された仕上がりになっていますが、文字盤の「犬ぞり」のプリントに惹かれます。
確かに大場満郎モデルと比べてしまうと特徴が薄いかも知れません。でも日本を代表するEXPLORERでもありADVENTURER
だった男の名を冠しています。

キネティックやスプリングドライブやエコドライブなど色々とハイブリットな方式があります。
それが日本のメーカーの特長だと思うわけです。
個々に特徴があり同じというわけではありません。この辺りが何だか車のハイブリットと似ている気がします。
色々と試されてもイイのではないでしょうか。

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。