スタッフ・タカギの日記

【伝統】こだわるポイントはどこなんだろうか【革新】IWC ポルトギーゼ オートマチック

最近連続登板気味の全身打ち身なのか筋肉痛か
自分でも分からないスタッフ・タカギです。

前回のブログでラリー的イベントに行ってきた事を書きましたが
日帰りで戻ってきたわけです。
本来ならゴール後に一泊夜は宴会というのがいつもの流れなんですが
翌週に控えた
10415649_937355769661026_8681168096630720677_n
新潟県の糸魚川まで行くことになっていたわけです。
1003117
私の乗っているバイクのメーカー主催です。
軽い気持ちで参加表明したんですけど、完全に返り討ちにあいました。
11407021_937354856327784_1456738499942991061_n
初日スタートから雨
11407266_937355749661028_4873698301808884402_n
バイク壊しに行った感じです・・・
驚異的な楽しさでした。
往復10時間・・・
今月はこれで終了です(あとは部品注文して修理ですね。)

さて
ふと新作が入荷した時に思ったんですが
iw344354941001
この2本です。
実際は文字盤違いで見たんですが、パッと見「んっ??値段が上がったなー」と
思ったんですが、型番が違うぞと。
新作が入荷したタイミングによっては休みでショーケースに収められていて知らないうちに
入っている時が多々あります。
IW500109 クルト・クラウス      ダ・ヴィンチ生みの親
IW500703 トーマス・ガウスマン

IW344-6460984-6
セラミックにバレルの数が変わり基本構造が完全に
変更されました。
コレはかなり悩ましい事なんです。
特にシースルーバックという事で機械の比較が簡単であるという事です。
Cal、51011は印象としてフラットな中に機械感を感じられる美しさと力強さがあります。
Cal、52010は非常に考えられた作り込みと繊細な仕上がりが有ります。

新旧という枠で簡単に比較はできない今回のポルトギーゼ・オートマチックです。
シングルバレルの51系とツインバレルの52系これだけでもどちらが良いなど
判断できません。
大幅に文字盤やケースなども変更されていれば、コレは簡単な問題なのかもしれませんが
そこまで変化が大きくないというある意味IWCのユーザーに対する挑戦のような気もしますし
非常に興味深い事です。
デザインは前作で完全に完成されたことで、キャリパーの大きな変更をさせて進化という道を
選んだのでしょう。
そんなIWCポルトギーゼオートマチックいかがでしょう?

スタッフ・タカギに
どちらが好きかは聞かないでください。

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。