スタッフ日記

【突然】時計は繊細です!【驚き】

最近バイクに乗る時間がなくて微妙な気持ちのスタッフ・タカギです。

考えられる問題は

“今年の夏はすごく暑い”

という事でしょう。

昨日も乗ったんですが、やはり暑くて惨敗です。

家を出る(目標は伊豆)

第三京浜

横浜新道

大船近辺でUターン帰宅

完全に目的地が夢のまた夢な・・・

こんな調子で過ごしていて先日驚きの事件が起きました。

僕が愛してやまないブライトリングのエマージェンシーが

img_0579

バックルのヒンジ部分が摩耗で割れた・・・

確かに購入してから4年以上出勤時には使っていたわけで

壊れても致しかたないと思うのですが、壊れるというのも

なんだかなー。

折れる/割れるという感じではなく、摩耗して裂けるという

壮絶な状態です。

これはチタンだからいけないの?

金属疲労をおこすのは当たり前の話しで、過去にも16610の

ブレスも10年くらいで壊れて交換になりました。

でどうなったかといいますと

20/22mmの2サイズです。¥3,675円(税込)
いいストラップを発見!!!!

img_05781
装着!!!!!

バックル部分の交換を考えたわけです。

一応スタジオブライトリングにて3万円以上かもしれないと

ブレス交換で105000円位かと

非常に対応が丁寧でとてもよかったです。

※余談ですが

アフターサービスの丁寧さはそのメーカーの姿勢を表現

しているといつも思います。

でもブレスを新たに買うかどうかは悩んでいます。

これってオーバーホールを受けるかどうかという悩みに似ている

気がします。

車の車検のような感覚ですが、法定ではないので判断に迷います。

でも直してあげないと可哀想です。

長く使うには定期的なメンテナンスが必要です。金属で出来た精密な

モノなんです。

01

これが機械で・・・

02

こんな感じに・・・

03

こうなって・・・

04

これの大きさは500円玉くらいです。

かなり小さな部品が折り重なって組み上げられた精密な製品です。

オーバーホール大切です。

機械も大切ですが、革ベルトだって大切です。私の時計のようにブレスがもげる

なんていう事件は稀な気がしますが、革ベルトに関しては【使っていくうちに劣化】

という流れです。

じゃあどうすれば劣化速度を抑えられるのか?

img_0587

クリームを塗ってケアをするという方法です。

いろいろと大変だなあ~と思うのではなく、時計と長く付き合っていく楽しみと

とらえて頂ければと思います。

本日のドキドキポイント

BELL&ROSS AIRBORNE

367932001
2回目の登場です。なぜか個人的に大好きな時計です。この割り切った
デザインがたまりません。
空挺師団という意味のAIRBORNEですが、なぜか毎回思うのは

e383ade382a4e38395e382a9e38383e382abe383bcefbd93efbd901
かなりピンポイントですが・・・ロイ・フォッカーSPだったり

vf103
第103戦闘攻撃飛行隊のスカル&クロスボーンマークが思いついてしまう。
ニックネームがジョリーロジャース(海賊旗)ですから!!

とここで

以前も同じような事を書いた気がします・・・。

でもここまで割り切って作られた時計は珍しいと思います。

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。