スタッフ日記

【起こった後では】水入り【手遅れです】

みなさん、こんにちは。

アフターサービス部のコジマです。

ついこのあいだからようやく暖かくなってきましたね。

温暖化なんてどこ吹く風でひどい雪が降ったことも忘れるくらい気持ちのいい天気が続いてます。

houseki

仕事がある日に降ってしまうとすべるし電車は止まるし、、、。

なかなか好きになれませんです。

さて、先日の大雪の日。

好きになれないなりに浮かれていたら盛大にすっころびまして着てた服はもちろん

バックやカメラもびっちょびちょになってしまいました。

雪に埋もれたカメラを急いで回収し壊れていないことに一安心したのですが、

こんなとき、防水・防塵機能ってほしいなぁと心から思います。

ということで今回は防水性能のお話をします。

時計の防水性は、ケース中身の機械=ムーブメントを守るように作られています。

そこで、ケースがどうなっているかというと

大まかにはガラス・ケース・裏蓋に分解できて、それぞれ内部に湿気が入らないように

ゴムやシリコン、テフロンなどパッキンが間に入っています。

大抵、ガラスとケースの間にテフロンパッキン、ケースと裏蓋の間にゴムやシリコンパッキンが入っていて

100Mや200M防水、果ては1000M防水なんてものもありますね。

ただ、あくまでゴムです。

どれだけ作りこんでも、ゴム。

経年劣化もすれば、熱には弱かったりもします。

また、見えない隙間にはゴミもたまりますので、湿気を吸ってサビる→ケースに穴が開く

なんてこともあります。

さらに言ってしまえば、使い込んで汚れがたまり、パッキンは劣化していても

汚れが詰まったおかげ?でギリギリ防水性能を保っていることがあります。

汚れがたまったケースを洗浄したら防水性能が効かなくなった、なんてことも。。。。

特に内部に水入りしたときはオーバーホールより機械を交換したほうがいいんじゃないか、ってくらいに

ひどい状態になることはザラです。

文字盤や針もサビますしね。

何はともあれ、定期的に内装・外装ともにチェックをお勧めします。

壊れてしまってからでは何もかもが手遅れですからね。

そろそろ動きが悪くなってきたかな?と思い立ったら

まずはご相談ください。

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。