スタッフ日記

【単位】もうわからない・・・【規格】ゼニス タグホイヤー

先日バイクのタンクを外すためにガソリンを抜いてから作業しても
ガソリンが派手に漏れて残念な事になったスタッフ・タカギです。
基本的に自分で出来ることは自分で作業をするのが好きなので
なんにでもアタックするわけですが・・・
最近の作業は
2233703_1571485391_239large
マフラー交換ですね。以前着けていたのが正直『悪』を表現しているくらいにうるさいわけで
大人なので静かなマフラーを・・・

時計の仕事も含め単位や規格などに左右される事が多いわけです。
これは完全にお国柄が出るのが特徴的です。
国産はセンチ規格
米国産はインチ規格
なんか以前のブログでも書いたような気がしますが、さらに書いてしまいます。
何で世界共通規格にしないのだろうか??
今更そんなことはできないという事なのでしょう。
この内容を書くと毎回思い出すのは・・・私以前KAWASAKI乗りだったんで
私の知人周りで共通している事がありました。
KAWASAKI空冷=KERKERのマフラー
e383ade383bce382bde383b3
これですな。
このメーカーに手を出してサイレンサーを付けたりした時に出てくるのが、13mmの
ソケットやらメガネレンチ。
☆色々なバイクに乗って自分で整備すると確実に工具箱の中にある【13mm】
☆13mmを使う=USAマフラー
☆13mm持ってないと間違いなく困るUSAマフラー
でもよく考えたら本当は13mmではなんですよね。インチサイズなだけで一番近い
サイズが13mmであっただけですね。
2/1インチ=12.700mm
限りなく13mmに近いという事で・・・
まあ人間生きていくには色々な大人の事情とかあるのでしょう。
どちらかの規格に合わせてしまえばいいのに・・・
国産乗っている時はcm規格の工具がたまり、今ではインチ工具がたまっていく。
でも不思議な事に高級工具(メーカー品)でとは思わないのがインチ規格の凄いところ。
だってネジ自体の精度が悪いから・・・
工具だと身近ではないのですが、他の物だと急に身近に感じる事があります。
BBS
ホイールはインチで考えたりします。センチ表記はしません。これだけを考えれば
インチが想像しやすい。
テレビ
テレビもインチで表します。センチで言われても想像が出来ない感じです。
柱時計
たしか柱時計もインチで分けていた気がします。文字盤の大きさで何インチというような感じで・・・
物が変わればイメージする感覚も変わるわけですが、最近よく目にするのが
【hz】と表す時計です。
1~10という数字の表す感覚というのがあると思いますが、この数字がずれてくると違和感を覚えたり
してしまう事があります。でも振動数を英語表記するとhzとるなるわけで普通ですね。
bg135-2
ブレゲのTYPE XXⅡ
これが文字盤に【10hz】と書かれているわけです。普通に見た感じの印象だと【10振動】のような
気がしてしまいますが、これは【20振動】なわけです。
36000×2=72000
エルプリメロの2倍で動くわけです。
ze238
ゼニス エルプリメロ ストラトス
お家芸でもあるエルプリメロ/10振動と言えばエルプリメロという感じですね。

異次元の世界
ホイヤー
5/10000秒を計測するために誕生しました。
歯車ではついに限界を迎え『マイクロガーターシステム』という機構を造りだし驚異的な
クロノグラフの動きを作り出してます。

この数字の大きさを競う方向が新たな戦局となるのでしょうか?
振動数が大きくなると得られるメリットはなんなのでしょうか。それは高速でテンプが
反復運動するため外からの影響が受けづらくなる。
その『外からの影響』とは、腕を振った時の重力などです。

うーんこれからどんな方向に進むのだろうか・・・
rsm001
リシャールミルのRM035です。
WE54というマグネシウム合金を使い40gという驚異の軽さを実現させています。
と書いてあると凄いような気がしますが、何がすごいのかと思います。
WE54=Mg−5Y−4Nd
これがこの素材の合金成分ですが、マグネシウムにイットリウムとネオジウムが
合わさっているわけです。
次世代工業製品(おもに車のエンジンパーツに使い軽量化を果たす)に使うため開発されています。
ミドルケースに使っています。
そして
ベゼルと裏蓋にはアルミニウム2000という素材を採用しています。
2000番台のアルミなので“ジュラルミン”系という事ですね。
2000番台のアルミだと強度はかなり強い(飛行機のボディ等)のですが、耐食性という部分で
辛いわけです。
“アルミニウム2000”を開発したという事は、既存のA2011・A2014・A2017・A2024とは
違うA2000という事になるのでしょう。
A1070に近いという事は、耐食性も強く強度も高いという事ですね。
強度・耐食・加工性に優れておりA3000を採用せず素材を開発するところにこの時計の凄さを
感じてしまいます。
それにしても“40g”というのが凄いです。
※実際重さを計ったところラバーベルト・バックルを含むと51g位になります。
ケース側が40g位でベルトとバックルで10g位なのでしょうか?
RM035(全体重量)はどのくらいの重さなのか?
img_1378
新品未開封のミンティア3個と10円玉弱です。機械式の時計でこの重さです!!!
しかもムーブメントだけだと4.3gという驚異
クロノフィアブル検定を取得しての“4.3g”

~クロノフィアブル~
クロノフィアブルテスト
一定の期間中、時計を模擬的に携帯した環境下においてその安定性を検査するものです。
特殊な機器が使用され、時計がさらされる環境(衝撃・温度変化・湿気など)を想定して、
短期間で数ヶ月分に相当する不可を与えます。
ムーブメントは機械的または物理的負荷 ― 衝撃、姿勢変化、温度変化など ― にさらされ、その間の動作(歩度、パワーリザーブ、様々な機構の耐久性など)が検査されます。スイス時計工業規格(NIHS)を参考に考案されたクロノフィアブル・テストは、ラ・ショー・ド・フォンにあるデュボワ社によってのみ行なわれています。またこの試験は、全てのムーブメントを試験するスイスクロノメーター検定(COSC)のクロノメーター検定とは違い、商品の中からサンプルを抽出して行なわれます。クロノフィアブル・テストはカリテ・フルリエに合格するための要件となっています。
~hautehorlogerie.org参考~

という厳しいテストまで乗り越えての“4.3g”です。
では‘4.3g’とはどのくらいか?
img_1377
この10円玉よりも少し軽いという事です。

リシャール・ミルは流石です。

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。