スタッフ日記

はやぶさ

こんにちはッ!カトウです(ノ ̄▽ ̄)ノ
先日息子を連れて東京駅に行ってきました。
それも東京駅のプラットホーム。
なぜ東京駅かといいますと・・・、
息子に新幹線を見せに行ってきたのです( ̄へ ̄;)

はやぶさ・こまち・MAX・つばさ・・・などなど、
子供っていつの間にか見分けて覚えてるいるのが不思議です( ̄口 ̄)
新幹線は乗るものだと思ってましたが、
見るものとして捉えるようになるとは思っていませんでした。
レインボーブリッジは車で走ってしまうと感動はありませんが、
ライトアップされた夜景を見ることが楽しみだったりします。
それと同じようなものですかぁ・・・(ノ ̄口 ̄)ノ

息子は緑色の新幹線 「はやぶさ」を見て、
『デカイッ!』『ナガイッ!』『ミドリッ!』と叫んで興奮していました( ̄へ ̄;)

素人の意見ですが、
最近の新幹線は先頭車両がホントに長いです(ノ ̄▽ ̄)ノ

JR東日本の東北新幹線「はやぶさ」は
最高速度300km/h (運行最高速度320km/h 予定)
東京駅~新青森駅を運行
鳥のハヤブサにちなんではいますが、
スピードを連想させる名称であります。

将来的に新幹線は最高速度360km/h で営業運転することが構想されています。
夢の超特急へ・・・(ノ ̄▽ ̄)ノ

電車を息子と眺めるようになってから
新幹線の連結シーンや分離シーンを見れるとなんか得した気分になったりします(ノ ̄▽ ̄)ノ
鉄道ファンの方たちに怒られてしまうかもしれませんが、
先端が開閉し連結・分離するシーンは、
口をパカッと開けたチョウの幼虫のようでオモシロイです( ̄▽ ̄)ノ
でも、けっこう感動します( ̄▽ ̄)ノ
ちなみに新幹線の場合は全然グロくはありませんので・・・(ノ ̄口 ̄)ノ

鮮やかなグリーンの車両のはやぶさですが、
そんなグリーンの配色をした時計もございます。

迫力のケースといえば・・・ベントレー

時計とモータースポーツの関わりは昨今当たり前のようになっていますが、
英国人のベントレーが航空機エンジンの設計から第一次世界大戦後に車の設計に至り
ブライトリングとコラボする流れは必然だったと言えるのでしょう。
今では大きいケースの時計が増えましたが、
それでもデカッ・・・と思います(ノ ̄▽ ̄)ノ

ビッグバン オールブラックグリーン
dsc_2394
黒でありながらファッショナブル・・・。
ウブロの両極端の構成の中にある限定商品・・・なんともシブイです( ̄▽ ̄)ノ
服のように着こなしたいですね(ノ ̄▽ ̄)ノ

鮮やかなグリーンといえば・・・ROLEX116610LV
dsc_24151
文字盤からベゼルまで広がりのあるカラー・・・
見方によってはシンプルですが、
本体部分全体がグリーン一色、
挑戦していく力強さを感じさせるようにも思えます(ノ ̄▽ ̄)ノ

どうしても時計の文字盤はブラックとこだわりを持たれてる方も多いでしょう・・・

たまには気分を変えてみてはいかがですか・・・( ̄▽ ̄)ノ?

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。