スタッフ日記

大きければ良いというものでは・・・

どうもお久し振りです。

買取り部アイバでございます。

買取りをしていて感じるのは、最近の時計の付属の箱が巨大化していること。

メーカーによっては数本お買取りしただけでしまう場所を考えてしまうくらいですね。

私の拙い記憶によると十数年前には、どのメーカーもボックスにはさほど気を使っていなかったと思います。

ジラール・ペルゴがフェラーリクロノを出した時にその箱の立派さに驚いたのを覚えているくらいですから。

289693-3

微妙にシンナー臭かったなぁ・・・:oops:

それやこれやしているうちにどのメーカーのボックスもドンドン立派になって、

今では、当店のストックルームは大変なことに・・・。

これはどこの時計屋さんもある程度の在庫を持っているところなら同じ悩みをお持ちだと思います。

280109-3

例えばパテックですが、こんなのが。

こんなに育っちゃったわけです:sad:

422144-61


それは置き場に困りますよね。

dsc00571
メートル・デュタンの箱なんてもう・・・:shock:

私が個人的に好きなボックスと言えば

332732-61

初代ノーチラスの箱です。
大きさも程よく、コルクで作られていて洒落ています。

メーカーさんも大きさにこだわらず、個性的でモデルの雰囲気に

合ったボックスを採用して頂けると嬉しいなぁ。

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。