スタッフ日記

非公式実験シリーズ② 自前のインジュニアで耐磁性能の限界に挑む【前編】

皆様ガリガリ君食べてますか?スギモトです。
私はまだ食べてません。毎朝そこそこ汗を書いて通勤してますが我慢しています。

前回のブログをご覧いただいた方、ありがとうございます。
「読んでいたら”いいね!”を押して下さい」と懇願した結果…

イイネ

なんと2つも“いいね!”をいただきました!
ありがとうございます!!
これからは押していただいたお二方に向けてブログを更新していきます!

さて、読者が少なくとも2人はいるということで、私も身を切った記事でブログを盛り上げたいと思います。

 

今回のテーマは『耐磁性』です。
ご存知の方は多いと思いますが、金属のパーツが多く使われている時計には、磁気は大敵でございます。特に心臓部であるヒゲゼンマイは、磁気の影響をモロに受けます。
機械式だけでなく、クォーツ(電池式)でも…というかクォーツの方が大ダメージを受ける場合もあります。

いわゆる磁気帯びという状態ですね。
時計が磁気帯びしてしまうとどうなるかというと、精度が狂います。大抵の場合は「進み」が出る場合が多いでしょうか。実際の時間より早い時間を指すようになってしまいます。黒帯ならカッコいいのに…。

そこで!登場したのが『耐磁時計』です。
読んで字のごとく力にえる性能を持った時計でございます。IWCのパイロットウォッインジュニア、ロレックスのミルガウスなどが有名でしょうか。

耐磁性能は、”ガウス”“A/m (アンペア毎メートル)なんていう単位で表現されます。
なんか良く分かりませんが、要はこの数字が高ければ高いほど、『磁気に強い』ってことのようです(多分)。 ドラゴンボール世代には、スカウターに出る戦闘力的な数字と言えば良いでしょうか。世代でない方はブックオフに行ってください。

その戦闘力…もとい耐磁性ですが、日本のJIS規格では1種耐磁時計で4,800A/m、2種強化耐磁時計ですと16,000A/mという数字が設定されてます。

一方、ミルガウスや一部のインジュニアは80,000A/mです。
なんか凄そうです。

JISがヤムチャや天津飯だとすると、後者はピッコロレベルでしょうか?(ヤムチャファンの方ごめんなさい)
中にはオメガ1,200,000A/mなんていう化け物じみた時計もあります。


つまり変身後のフリーザ様ですね。

耐磁性能の基準がなんとなーく分かってくると、当然涌いてくる疑問があります。

『それって実際どれくらいすごいの?どれくらいの磁気に耐えられるの?』

聞くところによると、スマートフォンのスピーカーに密着させると10,000~20,000A/m程度らしいです。
ということは、私の虎の子のインジュニアオートマチック(耐磁能:40,000A/m)であれば楽勝なハズです!これは実験するしかない!

…という実験の趣旨をご理解いただいたところで、内容の説明に移ります。

まずは実験に使う自前の時計達を紹介します。
今回は、『耐磁時計がどのくらいイケているのか』を追求する為、耐磁じゃない自前の時計も被検体にします。

被検体A:

よーく見るとトリチウム夜光がついてますよーく見るとトリチウム夜光がついてます

何やら古いジラールペルゴ 『型番・名称不明』
トリチウム、プラ風防と時代を感じさせる時計です。見るからに防御力が低そう。

 

被検体B:

これからの季節に活躍します二つ目クロノが好きなんです

ベル&ロスのダイバーズ 『ダイバーズ300』
防水性確保の為、ケースが分厚いです。「ある程度戦えるのでは?」という期待を持たせる本実験のダークホースです。

 

被検体C:

言わずと知れた真打白文字盤と迷いました

IWCの真打 『インジュニアオートマチック』
以前の80,000A/mからスペックダウンしたとはいえ、実生活では不足ない40,000A/mの耐磁性能を誇ります。磁気かかって来いや!
好対照の三種が揃いました。この3つを持っている私のセンスが光りますね!

実験は、

①磁気を抜く(脱磁)

②精度を計測する

③磁気にさらす

④精度を計測する

という一連の流れで進めていきたいと思います。
磁気の有無を調べるのは方位時針、磁気を抜くには磁気抜き機(正式名称知りません)、精度を計測するにはタイムグラファーを使います。

社内で最新型!社内で最新型!

これがタイムグラファーです。当店では、修理・メンテナンスの際はもちろん、販売時にもこの機械で精度の計測を行い、異常が無いか確認しています。

そして今回は“③磁気にさらす”の為、磁気の強さの違う三種類の時計の外敵達を用意しました。

外敵① ノートPCのスピーカー

あまりいけてないPC。スピーカーもショボそうだが…?あまりいけてないPC。スピーカーもショボそうだが…?

予想磁気 8,000A/m程度

 

外敵② iPhone6sのスピーカー

買い換えたばかりなのできっと磁力もバリバリ!?買い換えたばかりなのできっと磁力もバリバリ!?

予想磁気 10,000-20,000A/m程度

 

外敵③ 自費で購入したピップエレキバン80

48粒入りという完全なオーバースペック。1,500円...48粒入りという完全なオーバースペック。1,500円…

公式磁気 80mt(ミリテスラ)=800ガウス=63,660A/m (!)

恐い、恐過ぎるぞエレキバン…。店頭に持って帰ったら、皆避けていきました。
でも身体には良さそう!実験終わったら貼ってみよう(ナイスフォロー)

 


まだ実験を始めてませんがいかんせん長すぎるので、前編はこれくらいで終了します。数日後に公開されるはずの後編でまたお会いしましょう!

 

●次回予告!!
大事な自前の時計達に迫る強力な外敵達。スペックを超える磁気に、インジュニアは耐えられるのか?!
そしてプラ風防のGPの運命やいかに!

 

乞うご期待

 

後編はコチラ!

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。