店長おすすめ

如月、、、衣更着!?

みなさんこんにちは、店長の荒井です。

早いもので、2011年が始まってもう一つ月が替わってしまいました。
先日のフジナワ氏のブログにありました“ジャネーの法則”を
ヒシヒシと実感する今日この頃です。

今日はちょうど一日ですので、ご自分の時計に月表示のある方は、是非ご確認下さい。
ちゃんと2月に切り替わっていますでしょうか?
先月は31日までありましたので、パーペチュアルカレンダーではなくても
今日は2月になっているハズです。
稀なケースですが、たまにこんなポイントで不具合が発見出来たりしますので、
月の替わり目は要チェックですよ。

ちなみに、表示方法としては、アラビア数字“2”や英語の“Feb”が一般的ですが、
たまにイタリア語やフランス語、ドイツ語表記なども見られます。
どの言語もそこそこ似ていますが、たまに見慣れない表記を目にすると面白いですよね。

参考までに、主な言語の12ヶ月を表にまとめましたので、ご参考になさって下さい。

//////////////////////////////////////////////////////////////

                  英語             伊語             仏語             独語
1月          January         Gennaio        Janvier         Januar
2月         February        Febbraio        Fevrier         Febvar
3月          March           Marzo            Mars            Marz
4月          April             Aprile            Avril             April
5月          May              Maggio          May              Mai
6月          June             Giugno          Juin              Juni
7月          July              Luglio           Juillet            Juli
8月          August         Agosto           Aout             August
9月         Septembe     Settembre      Septenbre     September
10月        October       Ottobre          Octobre         Oktober
11月        November    Novembre      Novembre      November
12月        December    Dicembre       Decembre      Dezember

//////////////////////////////////////////////////////////////

ご覧のとおり、月はある程度想像がつくのですが、厄介なのは曜日表示です。
曜日の方が言語による差が大きいと思います。
“Gio”や“Lun”なんて表示されても、ちょっと戸惑ってしまいますよね。
何月まで表示してくれるトリプルカレンダーよりも、日付と曜日のみの
デイデイトモデルの方が圧倒的に多いですし。。。
曜日表示の違いについては、またの機会にご紹介したいと思います。

最後に、トリプルカレンダーモデルはヴィンテージウォッチにもよく見られるスタイルですが、
古い時計には日付と月が連動していないものが数多くあります。
現行品では、日付が31から1へと切り替わるのに連動して、
月も一つ自動的に進むのが普通ですが、ヴィンテージウォッチではそのままです。
大抵は早送りを手動で行って、ご自身で進めなければなりません。
もし古い時計の月が替わっていなくても、
すぐに故障とは言い切れませんので、ご安心下さい。

それではみなさん、2月も宝石広場をどうぞ宜しくお願い致します。

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。