店長おすすめ

必要?不要?時計ライフを快適にするウォッチワインダー

こんにちは、店長の荒井です。

新しい年がスタートして早くも20日が経ちました。
みなさま如何お過ごしでしょうか。

コロナ禍のもと帰省や外食を控えるなど、例年とは全く異なる年末年始を過ごされた方も多いことと思います。

この経験が今回だけのものになるか、それともこれからの新しいスタンダードになってしまうのか、今年が重要なターニングポイントになりそうですね。

高精度・超小型・低価格というクォーツ式時計が巻き起こした”クォーツショック”(1969年にセイコーが発表した世界初のクォーツ式時計アストロンが発端ですが…)による時計産業の激変を乗り越え、モノとしての価値が再評価されて不死鳥のように復活した機械式時計のように、良い年になってほしいですね。。。

時計ライフを快適にするウォッチワインダー

さて、そんな新しい年の始まりに、身の回りの物を新調された方は多いのではないでしょうか?
私も年明けから新しい財布をおろしまして、気分良く使っています♪

毎年お正月に時計を新調する!、、、なんて方はなかなかいらっしゃらないでしょうが、ご愛用の時計をサポートして、時計ライフを快適にしてくれるグッズ類では如何でしょう?

革ベルトを新しくしたり、汚れを拭くクロスを新調する方は多そうですよね。
でも、もっと時計ライフを快適に豊かにしてくれるモノは???

そこで、本日ご紹介したいのは、ウォッチワインダーです!

ウォッチワインダーは必要?不要?

”ウォッチワインダー”とは、電力によって動作して時計を止まらないようにするための、特殊な収納ケースです。
自動巻き上げ機ワインディングマシーンとも呼ばれています。

しばしばウォッチワインダーに関連して下記のようなご質問をいただきます。

よくある質問①:ワインダーを使った方が良いですか?
回答:ワインダーは便利な道具ではありますが、必ずしも必要ではありません。
ワインダーで時計を常に動作させていると、時間や日付合わせの手間が無くなります。

※常に動作させているとオーバーホールの期間が短くなるという懸念もありますが、日差(時計の遅れや進み)の把握が容易になり、修理やオーバーホールに出すタイミングが判別しやすくなります。

 

よくある質問②:機械式時計は止めない方が良いと聞きましたが?
回答:時計は止めてしまっても全く問題はありません。
以前は『時計を止めると時計内部の油が固まる』なんて言われたものですが、潤滑油の品質や時計の気密性が向上した現在では、月に一度でも動かしていただければコンディションは維持できると考えられています。

止める・止めないよりも、”購入後ずっと箱に収納したまま”という方が心配です。

※長期間動作させていない時計を急に動かした場合、ムーブメント内部の歯車パーツなどに悪影響を及ぼしたり、潤滑油が劣化してシミやサビの原因になる可能性がありますので、ご注意ください。

 

ウォッチワインダーの始まり

ウォッチワインダーは、時計メーカーの技師や修理工房の時計職人などが、研究開発や修理メンテナンス時に使用していた動作チェック機器が始まりです。

その後、一度止めてしまうと調整が煩雑な永久カレンダーなどのコンプリケーション機構が搭載された時計の付属品として、パテックフィリップなどのメーカーが純正ボックスとして2000年代くらいから採用し始めました。

パテックフィリップ パーペチュアルカレンダー 5039に付属するウォッチワインダーBOX

1990年代にも市販されているウォッチワインダーもあるにはありましたが、どれも高級品で高額だった記憶があります。

イタリアン高級レザーを使用したウォッチワインダー「Scatola del Tempo スカトラ・デル・テンポ」なんて憧れましたね♪

そして、ウォッチワインダーが現在のように幅広い価格帯で豊富な種類から選べるようになったのは、2005年くらいからなのです。

 

では何故、必ずしも必要ではないウォッチワインダーがこれほど普及してきたのでしょう?

それは機械式時計ブームによって自動巻時計をご使用になる方が爆発的に増える中で『少しでも便利に使いたい』というニーズに応える動きと、それ自体をインテリアとしてお考えになる方も増えたからではないでしょうか。

近年では機能はもちろん、デザインに拘ったウォッチワインダーが増えてきています。

時計本体に劣らず趣味性の高い品物ですので、リビングや寝室に置いても“映える”見栄えの良いウォッチワインダーが選ばれる傾向にあるようです。

 

ベルナールファーブルのウォッチワインダー

その流れでご紹介するのが、ベルナールファーブルのウォッチワインダーです。


ダブル・アクシス プラネット ウォッチワインダー

アクセサリーの発案、製作、プロデューサーとしてスイスの名だたる時計ブランドで活躍してきた時計技師のBernard Favre(ベルナール・ファーブル)が創業した、ウォッチワインダー専門メーカーです。


主力モデルがこちらの「ダブルアクシス プラネット」ウォッチワインダーです。


「ダブルアクシス=2つの回転軸」により構成された本体に、ホコリが付かないようにガラスケースが付属します。

他に類を見ないグルグルと回転して時計を巻き上げる、魅せるモーションがスゴイです!

リビングルームで愛機が優雅に回転しているのを眺める生活なんて、想像するだけで気分が上がりますよね♪

さらに、映えるビジュアルだけではなく、ワインダーの回転方向・回転数・稼働時間を9つのプログラムから選択可能で、これによりゼンマイの巻き上げ過ぎを防ぐことができます。

平均的なウォッチワインダーの価格帯よりは高額な商品ではございますが、だからこそインテリアの一部と考える風潮に合っているとも感じます。

※現在のストックは2モデルだけですが、SOLD OUTとなっているモデルも、ご要望が有りましたらメーカーよりお取り寄せいたしますので、どうぞお気軽にご相談くださいませ。

宝石広場のベルナールファーブル  ウォッチワインダー

インテリアに映えて時計ライフを豊かにするためのグッズとして取り入れてみてはいかがでしょうか?

ウォッチワインダーに是非ご注目ください!

 


インスタグラム
ツイッター
フェイスブック
メールマガジン

 

【毎日アイテム追加!新品も中古も圧倒的な在庫数!】宝石広場 WEBストア
【高級時計・宝石の買取り&下取りLINEですぐ査定!】宝石広場 高額買取サイト
【オーバーホール・電池交換なんでもお任せください】宝石広場 時計修理サイト

ABOUT ME
荒井
荒井
【宝石広場 店長】時計はもちろん、スイーツ全般&まだ見ぬ景色を求めて珍しい国へ旅行するのが大好きです!

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。