未分類

帰ってきた〇〇〇〇。

お久し振りです。
ジメジメとした気候と共に、2009年も早いもので、半分が過ぎようとしております tsu-tyさんの絵文字
ただ、そんな気候には負けては居られない出来事が、私、オオウチ的には続いています。

勝手に2009年上半期を振り返って見ると、
今年は小生の大好きなバンド・『ユニコーン』の16年ぶりに復活に狂喜し、
新譜発売にも狂喜し、更には全国ツアーに狂喜の日々でした。
ライブには、東京と埼玉の2回行ってきましたが、
グッズ売り場には、昔のツアーTシャツを復刻した物などもあり
懐かしく、今見ても面白いデザイン、、。べ~、、。

そんな個人的に、「復活か~。復刻かぁ~、、。」考えながら、
ふと当店の店頭に目を向けて見た所、、。

ん、、?おやおや、、。ここにもおるではないですか、、 
 
どーも大変お待たせいたしましたm(__)m
「ただの懐古主義では終われない!」と、力強く主張している復活・復刻した時計たちが 、、。

 

やたら緑!今時の「エコ」ブームの流れからなのか、、?
しかも秒針はサンダーと来たな!?
緑と雷、、。まさに熱帯雨林を表現か、、?
日本で言う青木原ヶ原樹海、、。
でも耐磁性バッチリだから彷徨う事は無いぞ!!
 

1953年に発表されたモデルの復刻。
正にダイバーズ然とした表情なのに高級感が漂うのは
流石老舗ブランパンといったところでしょうか。
12・3・6・9のインデックス四天王が中央部の針達を
まるで海の魔物から守っている様に見えるぞ!

1939年のファーストモデルの復刻。
時代の波には逆らえないのか、、?
大振りになったものの、その落ち着いた
「FACE」
は変わらず、、。
上のブランパンに反抗するように、配されたインデックスが、
一層興味深い、、。
 
この他にも、パネライ・ブライトリング・ブレゲ・パテックフィリップなど当店には
数多くの復刻された時計がありますが、どのモデルもオリジナルの雰囲気を踏襲しつつ、
現代へオマージュし続けている、、。

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。