未分類

長持ちするなりの理由~続き

以前ブログの当番を忘れて2日連投の道を選んだスタッフの高木です。最近動画も撮り始めて
ブログよりも動画に心を奪われはじめています。
~昨日の流れから~
自分の中でなぜか知らないが、手元に長くあるなと思う時計があります。
基本的に長く使うとか決めないで、これらの時計は買っています。
実際そこまで真剣に考えて買っていない気がします。そうなると手元に残っていく時計が
自分の中でも気に入っている時計となります。

たくさんの時計から一生モノを探すとなると、とても大変な作業です。本当なら一生モノを簡単に
見つけていただきたいのです。何十年と時代の流れに耐えられ、自分の好みも絶対に変わらないと
確信を持てる一本・・・
どんな所で判断するのでしょう?
①素材:ステンレス・YG・WG・PG・PT・セラミック等など
②ケースサイズ:40mm前後?
③ベルト素材:金属・革ベルト・ラバー等など
④文字盤色:色が選べる限りあります。
パッと挙げただけでも選択肢が無限に増えていきます。これにブランドが加わると大変です。
ブランドの数だけバリエーションがあり多岐に渡ってしまいます。

そんな中でも私の手元に残った時計を少し紹介します。

ココは外せないでしょう!オメガ スピードマスター(手元に来てから既に12年)
もうすでにボロボロの時計ですが、愛着というより手放す気がないと言ってもいいです。
パルスメーターのベゼルもずれてしまって恥ずかしい。
クロノグラフというよりも、このデザインというか存在感が素敵です。手巻きのムーブメントに
プラスティック風防がこの時計の良さなのでしょう。


なぜか買ってしまったROLEX Ref.16570です。(手元に来てから既に10年)
これと言った理由も無く買ったのですが、なぜか白文字盤の時計って他にないんです。
GMT針が赤くバランスも整っています。
白い文字盤の時計はこれっきり買っていません。なぜか仕事では使わない不思議な
存在の時計です。
この独特な白い色合いが最高です!OHは2度ほどおこなってますが、外装の新品仕上げは
一度もしていないのでボロボロです。少しぐらい凹んでいたほうがかっこいい?!

最初はそのつもりが無くても気づいたら10年以上使っている・・・そんな愛着のある一本は持っていますか?
昔良く流れていたフレーズと同じ【愛着ある一本=priceless】だと思います。

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。