未分類

長持ちするなりの理由~スピンアウト

連続で登場する事に戸惑いを感じ始めているスタッフのタカギです。最近疲れがたまりバイクに
乗る気力(気合が入らない)がありません。
シーズン的にはすごくいいのですが・・・どうも乗れないタカギです。次期戦闘車両を妄想したり
ショウルームに見に行ったり試乗したりと方向性が定まらない時期のようです。

よくお客様より『タカギさんはどんな時計が好きなんですか?』であったり『何処を注目して買われるのですか?』
と質問されます。長い事時計なる物を買っていないので、いざ自分で今買うとしたら何を買うのでしょう?
漠然と考えると面白くないので、色々と条件を付けていきましょう。

①予算25万円以内
②機械式
③中古
④使い勝手の良いデザイン

このように条件付けします。うーん考えれば考えるほど定番的な時計が頭に思い浮かびます。それでは
全く面白くないです。ただの商品紹介で終わるのが、目に見えています。
今真剣に考えたら色々出てきてしまうので、3本に限定します。
≪完全に私の趣味が出ています。当然と言えば当然ですね。≫
GIRARD PERREGAUX【フェラーリ・ルマン・1965】

正面が良ければ良いのです。ジラール・ペルゴの歴史的背景という部分は省略します。この時計の
気になる部分はフェラーリだがフェラーリのマークが正面に入っていないという所です。
シルバーの文字盤に赤いクロノ針というバランスの良さ。ケースが少し丸みを帯びており、スポーツ系の
よくありがちな“ゴツイ”部分が無く、それでいて華奢な感じでもないところにジラール・ペルゴらしさを
強く感じます。私の個人的な印象としては【GP=クロノグラフ】的な思いがあります。
この時計を見て選んだポイント

①正面の色のバランス

②腕に付けた時のブレスのデザイン

③リューズにはお約束の馬!!
※1965年の優勝者マステングレゴリー・ヨッヘンリントがドライブしたNORTH AMERICAN RACING TEAM
 
#21のフェラーリ250LM(275)が裏蓋に刻まれています。348周(総距離4677km)を走りました。
   アメリカンチームがアメ車ではなくフェラーリで優勝するところに惹かれます。

BELL&ROSS SPASE3 GMT

宇宙飛行士のために考案されたT-クラウンシステム!これですこれ!リューズを完全に時計ケース側に埋め込む
ところに本気です。見た目もスペーシーなエッジのないデザインに視認性を優先させている文字盤。
一般的生活にはオーバースペックデザインなところがすごく好き!200m防水で機能的にも文句無し。
この時計を見て選んだポイント


①これがT-クラウンシステムです。うーん通勤から宇宙旅行まで!

②この無駄を排した全体的なバランスが隙のない完成度です。T-シャツからスーツまで対応可。
Sinn 603.EZM3

EZMって何?EINSATZZEITMESSER(出撃用計測機器)です。その中でもEZM3は特殊警察部隊用に
開発され実戦配備されている・・・構造やデザインを見れば判ります。ケース素材はスタマグステンレス(もう
この名前に心を奪われます)にケース内にアルゴンガスが封入され空気に触れる事でケースに装着された
ドライカプセルが化学反応し変色します。リューズが左側に配されているのは、手首を曲げた際に手の甲に
リューズがあたり誤作動する可能性を消すためです。
普段の生活であれば全く問題ないスペックと存在感が最高です!
この時計を見て選んだポイント

①ドライカプセル!

②この金属の質感とマットなイメージが最高です。スーツにも問題なし! 

 

いつでも使えるように考えてみました。やはり機械式で少し特長のある時計が好きなようです。

 

 

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。