未分類

【自家製】時代は流れる【満足度UP】

さて昨日のブログを中途半端に終わらせてしまったスタッフ・タカギです。あそこまで書いてしまうと
方向性が決まっているので、続きを書きやすいかと思いきや・・・
流れのオチを考えて悩んでいます。【マニファクチュール】という壮大なタイトルを組み込んでしまい
少し後悔してます。
オリジナルがあって復刻がある。そしてドキドキして【マニファクチュール】という流れ。
ゼニス ニューヴィンテージ 1969オリジナルという時計が気になります。

これは未来(BK)と現在(SS)です。 ※注意※ケースサイズは同じです。

オリジナルが存在しているという事は、比較対照が確実に存在するという事です。
忠実に再現するという方法と現代のテイストを上手く組み込む方法があります。
03.1969.469/01.C490

色使いやその雰囲気は非常に上手く表現されています。
インダイヤルの配置が重なっている所にゼニスの上手さを感じます。

ケースのサイドビューも美しい。風防の存在感が良くわかります。

シースルーバックからはエルプリメロが覗けます。ゼニスである証。
今回発表された1969の中では一番復刻純度が高いでしょう。
96.1969.469./77.C683

トランスパレント・ダイアルが非常に興味深い作品です。チタンケースにPVD加工を施し
ブラックで統一している所が今の今を感じさせます。

SSのヴァージョンとは違った質感が大好きです。このマットで無機質な雰囲気は
好みが別れる所でしょう。

トランスパレントダイヤルとシースルーバックで両面からエルプリメロを
観賞できます。

こんな事を書きながらも本当は未来へ突き進む美しいデザインが好きです。
復刻でもニューモデルでも自分の心が動くモデルが一番です。

BREGET 7027BR/G9/9V6 久しぶりにドキドキします。

お店が忙しくなってきた! ブレゲはまた次回・・・

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。