未分類

変化球ですが

お久し振りでございます。
買取部のアイバです:mrgreen:

今回は珍しいものの、時計ファンとしては外し気味の一本をご紹介したいと思います。

dsc00320

セイコー「V.F.A.クオーツ」

V.F.A.とは”Very Fine Adjusted”の略で、特別調整品の意味です。

元々は機械式のグランドセイコーを特別に選ばれた技術者が調整したムーブメントを搭載した
スペシャルモデルでした。

1969年にセイコーが世界初のクオーツ腕時計「アストロン」を発売。
その後、精度面で圧倒的に機械式に優るクオーツの究極の精度を実現した高性能モデルとして「V.F.A.」の名は受け継がれます。

搭載しているムーブメント38SQW のカタログ上の月差は± 5 秒を誇り、
現在の基準でも十分すぎるスペックですね。

この時計の年式は1973年製で、38SQW は1971年の開発だという事を考えると
当時はかなりショッキングな一本だったんではないでしょうか。

dsc00323

かなりの厚さがあるにもかかわらず、電池の所はこんもり盛り上がっています。

これだけ大きめの電池が入れられてたのは、電池の性能とムーブメントの電気の消耗量の

大きさの両方でしょうね。

私の記憶によれば、当時の定価は50万円台。
(うろ覚えなので間違っていたらすみません)

1973年の大卒初任給が6万3499円 、ビール160円(10月)、かけそば150円 、
らしいので相当高価な時計だったのですね。

dsc00322

側面の加工の手のかかり方もさすがです。

時計をとっかかりに色々調べるのも面白いものです。

皆様も自分の愛機についていろいろ調べてくださいませ。

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。