未分類

素材探求の道 -Wikipediaで男らしく編-

『あれ、雨かな?』と思ったら自分の汗だった、なんて経験を皆さんも毎朝なさっていると思います。
ホームに立っているだけで汗が目にしみて、ちょっと涙目な汗だくがいたらそれは私、
店頭スタッフKスギモトかもしれません。

クールビズがなかったら社会生活を送れていないと思います。
男らしさを追求して、汗は拭いません!

さて、前回はステンレスからプラチナまで、時計に使われる素材について勉強してみました。
今回はその続きです。

まずはコチラから。
J12 クロノ H1008

セラミックです。
セラミックと言えばラドーだと思ったのですが、在庫がなかったのでシャネルを選びました。
そもそもセラミックとは何ぞや…と調べてみました。

この記事の目次

——————————————————————————————————–
セラミックス またはセラミック(英語: Ceramic(s))とは、狭義には陶磁器を指すが、広義では無機物を焼き固めた焼結体を指す。
「セラミックス」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』
2014年6月9日 (月) 20:54 UTC URL: https://ja.wikipedia.org
——————————————————————————————————–

…しょ、焼結体??習ったことない言葉が出て来ました。

結果よくわかりませんでしたが、性質としてはざっくり「硬くて軽い」といった感じでしょうか。

近年のロレックスのベゼルもセラミック(セラクロム)を使ってますね!
傷が付きにくいと好評です。
ただ、硬度は高いのですが、割れてしまう場合もあるので過信は禁物です。

傷を気にせず高級時計を付ける…これは男らしい!
モテるかもしれません。

お次はチタンです。

ルミノール1950 8デイズクロノ モノプルサンテGMT

この独特の質感が渋いですねぇ、男っぽさを感じさせます。
チタンも普段出会う機会はそう多く無さそうです。ドリルの刃くらいでしょうか?
そこで、お決まりのWikipedia先生に聞いてみました。

——————————————————————————————————–
チタンは酸化物が非常に安定で侵されにくく、空気中では不動態となるため、白金や金
とほぼ同等の強い耐食性を持つ。室温では酸や食塩水(海水)などに対し高い耐食性を
示し、少量の湿気が存在する場合は塩素系ガスとも反応しない。

(中略)

チタンは鋼鉄以上の強度を持つ一方、質量は鋼鉄の約55%と非常に軽い。チタンはアルミ
ニウムと比較して、約60%重いものの、約2倍の強度を持つ。
「チタン」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』
2014年6月11日 (水) 18:09 UTC URL: https://ja.wikipedia.org

—————————————————————————————-
なるほど!耐食性が高く、軽いんですね。
確かに持ってみると、ステンレスとは段違いに軽いです。

更に、金属アレルギーも起こしにくいと来れば、時計にはうってつけの素材と言えそう

です。しかしながら加工が難しいらしく、費用がかさむところがネックでしょうか。

それにしてもこの鈍い輝き…男らしい。
文字盤のグレーも相まって、ワイルドな男を演出するにはもってこいです。
モテるに違いない!

ビッグバン ウニコ カーボン 411.QX.1170.RX

最後はこちら、カーボンです。
織目模様がスポーティーで…実に男らしい!

このカーボン、厳密に言うとカーボンファイバー(炭素繊維)が正解のようです。
車やバイクのパーツ、ゴルフシャフトなんかで見かけるでしょうか?
Let’s Wikipedia!

——————————————————————————————————–
炭素繊維の長所を一言で言うと「軽くて強い」という点である。鉄と比較すると比重で
1/4、比強度で10倍、比弾性率が7倍ある[2][3]。その他にも、耐摩耗性、耐熱性、熱伸
縮性、耐酸性、電気伝導性に優れる。短所としては、製造コストの高さ[4]、加工の難し
さ、リサイクルの難しさが挙げられる。また、素材自体、異方性をもちどういった形で積
層するかか、また損傷を受けた場合の破損の判断がむずかしく、クリティカルな状況で
の使用は細心の注意が必要である。
「炭素繊維」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』
2013年7月28日 (日) 07:01 UTC URL: https://ja.wikipedia.org
——————————————————————————————————–

ムム、また出た『軽くて強い』!

さっきから似たような特徴が並んでいますが、じゃあ一体どれが一番軽くて強いの!??

このまま引き下がっては男らしくないので、調べてみました。

ただ、素人の私がざっくりと調べただけなので、間違えがあったら大変申し訳ございませんが、ご容赦下さい。

さて、まず”重さ”です。
重さを比較するには水を1とした比重で表すと良さそうです。
*各社合金の種類・配合量が違いますので、大きく差があるかも知れません!

鉄 7.8
セラミック 4.9-6.0
純チタン 4.4
カーボンファイバー 1.8

圧倒的にカーボンが軽いですね!
誤差を鑑みても優位に立ちそうです。

次は強度についてですが…申し訳ございません。
難しすぎて文系の私にはサッパリ理解できませんでした。
一口に強度と言ってもいろいろあるようで…さらに合金の詳細がわからないとなると、

私にはお手上げです。
どなたか物理に強い方にお任せして、男らしく諦めます!

次回も変わった素材に迫るかも?しれません。
長文失礼致しました。

(いい加減なことを書くな、と苦情が殺到するのではと女々しく怯えています…)

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。