ビアンシェ -BIANCHET-

日本では宝石広場だけ!!【ビアンシェ BIANCHET】正規取扱い時計ブランド紹介

宝石広場にて新しく取り扱いがスタートした時計ブランドをご紹介いたします。

しかも、

その新しく取り扱いがスタートした時計ブランドは、

日本では宝石広場だけが正規取扱店という時計ブランドです。

その時計ブランドの名は『ビアンシェ BIANCHET』

スイスの時計ブランド『ビアンシェ BIANCHET』とは

初めて聞いたブランドという方が多数だと思われますが、「ビアンシェ」とは、どのような時計ブランドなのでしょうか?

時計ブランド「ビアンシェ」の歴史

ビアンシェ」は、2017年からスタートしたばかりのスイスの新しい時計ブランドです。

【ビアンシェ BIANCHETブランドヒストリー

澄んだ空気と綺麗な水が豊富で、古くより数多くの時計ブランドが生産工場を構えるスイス山間部ジュラ地方のヌーシャテル州にて、2017年にブランドが創設しました。

創設者は、その名も”ビアンシェ夫妻”。
夫のロドルフォ・フェスタ・ビアンシェは、フィンテック(ITを駆使した革新的な金融サービス)でキャリアを築いた起業家で、妻のエマニュエルは、ミュージシャン・芸術家・彫刻家という多彩なアーティストです。

そのビアンシェ夫妻が、誰もが美しいと感じる”黄金比1.618”とイタリアの偉大な数学者が発見した規則的な数列”フィボナッチ数列”が放つ美しさに魅了され、その原則を基に製作するハイエンドウォッチブランドが『ビアンシェ BIANCHET』です。

公式サイトはコチラ

 

▲「ビアンシェ」創設者のビアンシェ夫妻

2017年からスタートした時計ブランドということで、まだまだ日本での知名度はこれからといったところでしょう。

しかし、

ビアンシェ」は知名度がこれからの時計ブランドという事で、『その時計ドコのブランド??』と注目を集めたり、他人と被りづらく”自分だけが知っているブランド♪”という満足感を感じられるとも言えます!

『ビアンシェ BIANCHET』の特徴

パネライの時計は”デカ厚”、ブライトリングは”パイロットウォッチ”、セイコーは”高精度”など、時計ブランドごと長い年月や開発費をかけて作り上げてきたブランドのイメージや特徴が存在します。

まだまだ新しい「ビアンシェ」の時計には、どのような特徴があるのでしょうか。

黄金比を用いた美しいデザイン

【黄金比】とは、縦と横の長さの比率が、1:(1+√5)/2 = 「1:1.618」という比率です。

黄金比は人間が特に美しいと感じる比率で、太古の昔より大きな建築物や美術品から小さな商品デザインまで幅広く使用され、特に西洋で盛んに取り入れられてきました。

有名な建築物では、エジプトのピラミッドの高さと底辺の長さ、ギリシャのパルテノン神殿の柱の縦横比、日本では金閣寺の高さと横幅が黄金比として有名です。
他にもミロのヴィーナス像の上半身/下半身の比率、モナリザの顔の縦横比などに黄金比が使われています。

 

ビアンシェの時計はすべて黄金比を採用

全てのビアンシェのタイムピースは、ケースとムーブメントに黄金比が用いられ、エレガントなラインとバランスの取れたプロポーションで構成されています。

さらにストラップやバックルを含め、全てスイスでデザイン・製作・製造・仕上げを手作業で行っています。

耐久性に優れたチタン製ムーブメント搭載

搭載ムーブメントは黄金比を意味する【キャリバー B1.618】

音を鳴らして時刻を知らせる「ミニッツリピーター」、カレンダー調整を要しない「永久カレンダーパーペチュアルカレンダー)」と並んで”世界三大複雑機構”の一つである「トゥールビヨン」を備えたグレード5のチタン製ムーブメントです。

そのトゥールビヨン機構のケージ部分は、手作業で仕上げた非磁性のチタンを使用し、クロノメーター級の高精度を実現しています。
さらに用いられる潤滑剤には、ダイヤモンドのナノ粒子が充填されており、摩擦のリスクを回避し、精度を安定・向上させています。

超軽量でタフな設計のムーブメント

搭載されるムーブメント(キャリバーB1.618)は、ケーシングした状態で僅か33gの超軽量設計。

毎時21,600振動の手巻き式で、約105時間(4日間以上)ものロングパワーリザーブ性能を誇ります。
6000Gの衝撃と50メートルの水深に耐えるように設計され、あらゆるシーンに対応してダイナミックなライフスタイルに適しています。

 

ムーブメントを収めるトノーケースは、手首に沿うように緩やかなカーブを描いたプロポーション。
青色のバルカナイズドラバーで描かれた2本のカラーラインが、黄金比に基づいた美しいアーチを強調しています。

 

『ビアンシェ BIANCHET』の時計ラインナップ

時計ブランド「ビアンシェ」のモデルラインナップをご紹介します。

トゥールビヨン B1.618 オープンワーク チタン 限定10本


屈強かつ軽量な特性を備えたチタン素材をケースに採用。
チタンの渋い輝きとの対比が美しい、ビビッドでスポーティーなラバーストラップが組み合わされたモデルです。

ビアンシェ トゥールビヨン B1.618 オープンワーク
チタン 限定生産10本 TB1.618TRE2101

トゥールビヨン B1.618 オープンワーク カーボン/チタン 限定21本

軽くて耐久性に優れたカーボンファイバー(炭素繊維)とチタン素材を組み合わせてトノー型の時計ケースが構成されています。
積層状の落ち着いた表情のカーボン素材とチタンのメタリック感が自上手くマッチしています。
グリーンとブルーの2カラーがラインナップされています。

ビアンシェ トゥールビヨン B1.618 オープンワーク
カーボン/チタン 限定生産21本 TB1.618HGR2105

 

ビアンシェ トゥールビヨン B1.618 オープンワーク
カーボン/チタン 限定生産21本 TB1.618HBL2106

トゥールビヨン B1.618 オープンワーク カーボン 限定21本

金属に替わる素材として開発されたカーボンファイバー(炭素繊維)をケースに採用。
金属と比べて比重は4分の1なのに対して強度は10倍以上を誇るだけでなく、耐摩耗性に優れ錆びにくくアレルギー反応も起こしづらいという腕時計に最適なハイテク素材です。
オレンジとブルーの2色がラインナップされています。

ビアンシェ トゥールビヨン B1.618 オープンワーク
カーボン 限定生産21本 TB1.618COR2201

 

ビアンシェ トゥールビヨン B1.618 オープンワーク
カーボン 限定生産21本 TB1.618CBL2102

時計ブランド『ビアンシェ BIANCHET』まとめ

宝石広場が新たに正規取扱いをスタートした『ビアンシェ』の時計、いかがでしたでしょうか?

新しいブランドということで、まだ特定のイメージが付いていないフレッシュで、今後の成長に期待が持てるブランドとなっています。

なかなか手を出しにくい高価格帯の時計ですが、実物を触っていただくと新しいブランドならではの最新テクノロジーを用いた現代的なタイムピースだと実感できるはずです。

単に軽量でタフな設計の、美しいスポーティーな時計だけではありません。

 

渋谷に店舗を構える宝石広場のウェブサイトと店頭では、正規取扱いがスタートした『ビアンシェ BIANCHET』の時計をフルラインナップ取り揃えております。

宝石広場のビアンシェ BIANCHET ストック一覧

日本で唯一、宝石広場が正規取扱いする時計ブランド『ビアンシェ BIANCHET』

興味を持たれた方は、是非とも宝石広場のウェブサイトを確認、または宝石広場の渋谷本店にて実物をご確認ください!それでは!

 

【毎日アイテム追加!新品&中古品ストック多数】
宝石広場 ネット通販サイト

【高級時計・宝石の買取りLINEですぐ査定!】
宝石広場 高額買取サイト

【オーバーホール・電池交換お任せください】
宝石広場 時計修理サイト

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。