時計

【2023年版】頼れる上司像と腕時計ランキング~理想の上司を戦国武将に例えると誰?~

ビジネスをする上で、上司と部下の関係は欠かせませんよね。
あなたにとって「頼れる上司」の理想は、どんな人物像でしょうか?

宝石広場は『頼れる上司が着けていそうな腕時計』のアンケートを実施。
頼れる上司を戦国武将に例えて回答いただくと共に、その人物が着けていそうな腕時計についても投票していただきました。

そこで、この回答結果をランキング形式で紹介。
読めば、部下に慕われる上司になるためのヒントが見つかりますよ!

2023年版「頼れる上司像を戦国武将に例えてみた」ランキングTOP5

 

第1位 上杉謙信
思慮深く論理的だが部下のモチベーション向上も絶やさない
第2位 徳川家康
部下の相談をしっかり受け止めてくれる苦労人で実力者
第3位 織田信長
新しいビジネスを成功に導くヤリ手ながら実は部下思い
第4位 竹中半兵衛
的確な戦略と組織マネジメントでチームを手柄に導く
第5位 武田信玄
部下の長所を見出して適材適所で育成してくれる

 

頼れる上司像の第5位「武田信玄タイプ」が着けていそうな腕時計は?

武田 信玄(1521年 – 1573年)
室町時代後期に活躍した甲斐(山梨県)の守護大名・戦国大名。

頼れる上司像を戦国武将に例えていただくアンケートの結果、風林火山でおなじみの「武田信玄」が5位にランクイン。信玄が用いた風林火山とは状況に応じて柔軟に対応することを示した言葉で、彼の兵法だけでなく人材活用術にも活かされていました。

武田信玄は家臣1人1人の長所と短所を深く洞察し、その長所を活かせる場を与えて育成したそうです。その結果、甲斐国には知謀と武勇に優れた家臣が育ち、開墾や治水も進んで国土が豊かになりました。

つまり武田信玄タイプの上司とは、どんな部下にも長所を見出して適材適所で育成し、組織力と成果を高めるリーダーと言えます。そんな上司が着けていそうな腕時計として最も票を集めたのが「オメガ」です。

OMEGA シーマスター ダイバー300
コーアクシャル マスタークロノメーター 210.30.42.20.01.001

抜群の知名度を誇る「オメガ」は、唯一無二の憧れを抱くブランドとして年齢や腕時計愛好歴を問わず支持されています。オメガならではの優れた耐久性と機能性に裏付けされた高級感は、なるほど武田信玄の洞察力に裏付けされた人材活用術と通じるものがありますね。

 

武田信玄タイプが着けていそうな腕時計ブランドTOP3

アンケート回答者のコメント

武田信玄タイプに派手さはないが、高級なオメガが似合いそう

実際に武田信玄タイプの上司がオメガを着けています!

インテリジェンスが漂う感じがジャガー・ルクルトと合う

パネライの無骨なイメージが武田信玄と似合いそう

 

頼れる上司像の第4位「竹中半兵衛タイプ」が着けていそうな腕時計は?

竹中 半兵衛(1544年 – 1579年)
安土桃山時代に豊臣秀吉の参謀として活躍した美濃国(岐阜県)出身の武将・軍師。

頼れる上司像アンケート結果の第4位は、名軍師として知られる「竹中半兵衛」でした。美濃国に生まれた半兵衛は豊臣秀吉の側近になると、巧みな戦況分析や交渉術を活かした軍略で大活躍。織田信長・豊臣秀吉の天下取りに多大な貢献をしました。

半兵衛はできるだけ犠牲を払わずに勝つことを重視し、しばしば敵将を説得して戦況を有利にしました。彼の行動理念は “戦況分析を基に戦略を立てて自軍に実行してもらうこと” に徹したもので、手柄は実行者である武将たちのものと考えていたそうです。

すると竹中半兵衛タイプの上司とは、状況分析を基に的確な戦略を立てて組織をマネジメントし、部下に手柄を立てさせる人物と言えますね。そうした上司が着けていそうな腕時計と推されたのは「IWC」でした。

IWC ポルトギーゼ クロノ IW371604

IWCの腕時計は上品で落ち着いたデザインが魅力で、その背景には脈々と受け継がれてきた優れたクラフトマンシップがあります。こうした個性が、温厚な人柄でありながら軍師に徹した竹中半兵衛の職人気質と通じるものがありますね。

 

竹中半兵衛タイプが着けていそうな腕時計ブランドTOP3

アンケート回答者のコメント

華美すぎずツボを抑えているポルトギーゼが、控えめながら頼れる人物像にマッチ

竹中半兵衛タイプは信念のある個性派なので、ロレックスではなくIWCを選択

知的で上品な感じがするので、IWC ポルトギーゼが似合いそう

論理的な理系アイデアマンだから、ロレックス ミルガウスです!

 

頼れる上司像の第3位「織田信長タイプ」が着けていそうな腕時計は?

織田 信長(1534年 – 1582年)
安土桃山時代に活躍した尾張国(愛知県)出身の武将・戦国大名。
戦国時代の三英傑の一人。

頼れる上司像を戦国武将に例えるアンケートで第3位に支持されたのは、圧倒的な知名度を誇る「織田信長」でした。怖い鬼上司のイメージがありますが、新しい戦術や政策で勢力を伸ばして天下統一に迫るなど、先見性や行動力に長けた人物でもありました。

例えば、合戦に多くの農民が駆り出されていた時代にあって職業軍人による組織作りを進めて農民と戦闘を切り離したり、商業の自由化と活性化を進めて財源を確保したり、その財源を使って新兵器の鉄砲を確保したり……。このように信長は、いくつもの新ビジネスモデルを作り上げた先駆的な事業家だったのです。

その一方で、信長は気遣いをする上司でもありました。筆まめだった信長が書いた手紙には、家臣を労うものだけでなく、彼らの奥さんの相談に答えるものも残っています。決して、上下関係だけで要求を押し通す独裁者・鬼上司ではなかったことが伺えますね。

つまり織田信長タイプの上司とは、革新的なビジネスを想起する先見性と、それを成功に導くための実行力や部下への配慮を欠かさないリーダーと言えます。ベンチャー企業の社長さんに多いタイプかもしれませんね。

そんな信長タイプの上司が着けていそうな腕時計ブランドは「ロレックス」が最多でした。

ROLEX コスモグラフ デイトナ 116500LN

なるほど、どちらも王者の風格が漂うだけに、ベストマッチングの感がありますね。
なお、アンケート回答者では特に「コスモグラフ デイトナ」を推す方が多かったです。

 

織田信長タイプが着けていそうな腕時計ブランドTOP3

アンケート回答者のコメント

戦術を立てる際、ロレックスで時間を計測していそう

信長は派手好きなで、ごつくて目立つデイトナを着けていそう

信長タイプな自分の上司がブレゲを着けているので

他メーカーにない魅力的なデザインのオーバーシーズ デュアルタイムを連想しました

 

頼れる上司像の第2位「徳川家康タイプ」が着けていそうな腕時計は?

徳川 家康(1542年 – 1616年)
戦国時代の三英傑の一人。関ヶ原の戦いに勝利し豊臣家を滅ぼして江戸幕府を開いた征夷大将軍。

頼れる上司像アンケートの第2位は、戦国時代に終止符を打った天下人「徳川家康」です。三河国の小大名から苦労を重ねて天下人までに大成した家康は、我慢の人・忍耐の人というイメージがありますよね。

事実、徳川家康は幾度も命を危険に晒す経験をしてきました。桶狭間の戦いでは敵中に孤立しかけ、三方ヶ原の戦いでは武田軍に惨敗、本能寺の変の直後には命からがら伊賀を越えて帰城。こうした経験から、“勝つことばかり知りて負くるを知らざれば、害その身に至る” と語っています。

自分を負かした相手の強さを謙虚に認めて自分も得ようと学んだ結果、家康は武士の頂点にまで登り詰めました。また人材こそ宝と考えていて、家臣のどのような話でも最後まで耳を傾け、自分を諌めてくれる部下を勇士より値打ちがあると褒めています。

ですから徳川家康タイプの上司は、部下の提案や相談を受け止めて組織力を高め、大きな目標に向かって一歩ずつ前進していくリーダーと言えます。途中で目立った成果を出すことはなくても、社内外の信頼を築いて最終的に大きな結果を出す人物でしょう。

こうした家康タイプの上司が着けていそうな腕時計ブランドは「ロレックス」と「セイコー」が拮抗するアンケート結果になりました。

ROLEX GMTマスターII 126710BLRO

ロレックスについては成功者や安定感、セイコーについては堅実さや内面重視という家康のイメージに着想した方が目立ちました。

 

徳川家康タイプが着けていそうな腕時計ブランドTOP3

アンケート回答者のコメント

時代に流されない普遍性と王者の風格が、ロレックスと家康に共通している

ロレックス GMTマスターの安定感が徳川家康っぽい

家康には堅実な国産ブランドのイメージがある

尊敬する先輩がグランドセイコー愛好者なので、この一択です

 

頼れる上司像の第1位「上杉謙信タイプ」が着けていそうな腕時計は?

上杉 謙信(1530年 – 1578年)
安土桃山時代に越後国(新潟県)を支配した戦国武将・大名・関東管領。

お待たせしました。頼れる上司像を戦国武将に例えるアンケートの第1位に輝いたのは、最強の戦国武将との呼び名も高い「上杉謙信」でした。70戦2敗と戦に強いだけでなく、敵に塩を送る義人や、部下の士気を高めるリーダーとしてもファンが多い武将です。

謙信が部下の士気を高めるために行ったこととして、合戦の前に贅沢な白飯を振る舞った、鉄砲の銃弾から身を守るための武具を開発した、攻略されそうな城を包囲する敵の前に甲冑を着けず現れて威圧した、といった逸話が残っています。

また謙信は “人の上に立つ人間は深い思慮を持って発言すべきで軽率なことは言ってはならない” という言葉を残しており、規律を守らない家臣に厳しかった一方で、謀反をした家臣でも事情が分かれば許して大切に扱ったそうです。何事にも筋を通す人だったのですね。

つまり上杉謙信タイプの上司は、自らを厳しく律して仕事を遂行していく一方で、部下のモチベーションを高める努力を惜しまないリーダーと言えるでしょう。また、温かみはあるけれど論理的で口下手なので、結果的に背中で語る人なのかもしれませんね。

そんな謙信タイプの上司が着けていそうな腕時計ブランドは「パテック フィリップ」が最多票でした。卓越した熟練職人の手作業によって生み出され、最高峰ブランドとする人も少なくありません。そうした孤高の存在感は、上杉謙信と通じるものがありますね。

PATEK PHILIPPE ノーチラス ラージサイズ 5711/1A-010

この他、謙信タイプの上司が着けていそうな腕時計ブランドとしては、上品で落ち着いたデザインの「IWC」や、やはり熟練職人の手によって生み出される「オーデマ ピゲ」が、多く推されていました。なるほど、過剰な自己主張はしないけれど確かな実力と価値を秘めていると、謙信が好む腕時計に思えますね。

 

上杉謙信タイプが着けていそうな腕時計ブランドTOP3

アンケート回答者のコメント

本当の価値を重んじる方こそ、パテック フィリップ

パテック フィリップは成功者の証だと思います!

あまり自己主張しないが、しっかりスジを通しそうな謙信は、IWCが似合う

謙信タイプは他人からの評価を気にせず、知的でオシャレなIWCを選ぶと思う

上杉謙信もオーデマ ピゲも憧れの存在だから

オーデマ ピゲこそ成功者が着ける腕時計!

 

この記事のまとめ

今回は、頼れる上司像の1位から5位までと、それぞれが着けていそうな腕時計の人気モデルTOP3を紹介しました。

あなたは、どのタイプの上司を目指しますか? ぜひ、着けていそうな腕時計も参考にして、内面も外面も理想的な上司としての自分を磨いてください。

宝石広場では、頼れる上司が着けていそうとランキングされた腕時計はもちろん、それ以外にも多数のブランドとモデルを取り揃えています。

ぜひ、気になるモデルを宝石広場のサイトや店頭でチェックしてみてください!

 

【毎日アイテム追加!新品&中古品ストック多数】
宝石広場 ネット通販サイト

【高級時計・宝石の買取りLINEですぐ査定!】
宝石広場 高額買取サイト

【オーバーホール・電池交換お任せください】
宝石広場 時計修理サイト

ABOUT ME
柴野
【宝石広場 WEBスタッフ:時計業界歴13年】swatchブーム・G-shockブームを経験した昭和世代♂

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。