ロレックス -ROLEX-

ロレックス2020年 新型モデル情報まとめ【新作サブマリーナー126610?】

2020年7月上旬、世界中の時計ファンが待ちに待ったロレックスの新作モデルについての情報が、海外の腕時計NEWSサイトなどから明らかになりました!

 

※追記

2020年9月1日に発表された「ROLEX新作モデル」は、こちらの記事でご紹介しております。

■関連ページ:宝石広場ブログ

【2020年新作】ロレックス新作モデル速報!【新型サブマリーナーなど全8機種まとめ】

 

ROLEX 2020年9月に新作モデル発表!?

バーゼルワールドでの新作発表が無くなってから、ロレックスの新型について様々な憶測や噂が広まっていましたが、ついにブランド側から正式な発表が行われるようです。

2020年9月1日から9月4日にかけて、ロレックスが新作モデルを発表する!との事。

 

本来ならば4月30日からスイス第3の都市バーゼルにて開催される予定だった「バーゼルワールド2020」で例年通り新作のお披露目発表の予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で開催が中止(※当初は2021年初頭へ延期でしたが、主催者側と出展ブランド間の協議で正式に中止)されたので、約4か月遅れの新作発表といったところでしょうか。

流石は時計界の王様ロレックス
高精度な時計を生み出すための、技術革新や研究開発は当然ながら止めていないようです。

 

時計マニアが集まるフォーラムや掲示板などでは、
”ミルガウスやエクスプローラーIが廃盤になる!
”エクスプローラーIIがセラミックベゼルを搭載して新型になる!
などの噂が多数ありますが、どんな発表になるかは上記の記事にも詳細はありません。

しかし新作について、かなり有力視されているモデルがサブマリーナーです。

ロレックスを代表するスポーツモデルかつ、全てのダイバーズウォッチの頂点に立つ人気機種「サブマリーナー デイト 116610」に動きがあるようです。

 

サブマリーナーの搭載キャリバーが新しくなる!?


”サブマリーナーに搭載されるキャリバーが一新される!”
という噂

現行機種「116610LN」と「116610LV」の登場は2010年
約10年にわたって、スポーツロレックスの主力として活躍してきました。

1つ前の機種「16610」は、1989年~2010年の約20年間も生産されたロングセラーモデルです。

しかし、搭載されるキャリバーは116610」も「16610」も、同じ「Cal.3135」を搭載。

パーペチュアルキャリバー 3135

Cal.3135」は、1988年頃~現在も生産される、デイトジャストからディープシーまで多数のモデルに搭載されるロレックス開発製造のパーペチュアルムーブメント。
常に改良が加えられ、堅牢性・耐久性・精度において非常に高いスペックを誇り、今なお名機と称賛される基幹キャリバーです。

ブランドを代表する主力スポーツモデル搭載のキャリバーとしては、いささか年月が経ちすぎているという判断なのでしょう。

現行のディープシー126660」やシードゥエラー126600」などに搭載されている、「Cal.3135」を改良した新世代ムーブメント「Cal.3235」が搭載されると思われます。

Cal.3235搭載によってシードゥエラーは「116600」⇒新型番「126600

サブマリーナーデイトも「116610」⇒「126610」新しい型番で登場?

 

グリーンサブマリーナー 116610LV は廃盤?

”グリーンサブがディスコンになる!”という噂。

ロレックスのコーポレートカラーである緑色がベゼルと文字盤に採用された、グリーンサブこと「サブマリーナー デイト 116610LV」は、生産が終了するかもしれません。

現行サブマリーナー デイト 116610LV

1953年の初代サブマリーナー誕生から50周年を迎えた2003年に、「16610」にカラー追加された「16610LV」。

現行モデルにも鮮やかなグリーンで彩られた「116610LV」としてラインナップされましたが、126610LVとして新作がリリースされるかどうか、確実ではありません。

現在、生産終了の憶測から「116610LV」の価格が大幅に上昇しています
検討中の方は、常に情報をチェックして、早めのアクションが必要です

 

ロレックス2020新作予想まとめ

いつもロレックスの新型モデルの投入パターンとして、最初にゴールド素材の金無垢モデルを発表、翌年にステンレススティールとのコンビ仕様”ロレゾール”モデルを発表、最後にステンレススティールモデルを発表するというパターンが多いです。

「GMTマスターII」の場合は、下記のように発表されました。

■ 2005年 イエローゴールド素材 金無垢仕様「116718」発表
■ 2006年 イエローゴールド×ステンレス ロレゾール「116713」発表
■ 2007年 オールステンレス素材の「116710」発表

新型サブマリーナーの場合も、末尾がの金無垢モデル、末尾がのコンビモデルに続いて、最後に最も人気を集めるであろうSSモデルが登場するのでしょうか?

さらに、サブマリーナーデイトのコンビモデルに関しては、”イエローゴールド素材から、ロレックス独自開発の劣化に強いエバーローズゴールド素材へ変更される”という噂も存在ます。
現行サブマリーナーデイト コンビモデル 116613

カラーリング追加や変更というのは、腕時計でもクルマでもスニーカーでも、メーカーが製品の鮮度を甦らせるためのよくある手段ですので、どれもなかなか可能性が高そうです。

 

他にも下記のような新作の噂が存在します。どれも有りそうで、無さそうな感じです。。。

ステンレス素材のサブマリーナーにブルー文字盤が登場する!?
サブマリーナーにもジュビリーブレスレットが組み合わされる!?
サブマリーナーデイトが新型となった翌年に新型ノンデイトが登場する?

 

その存在を知らない人は居ないくらい、老若男女問わず世界各国の幅広い層から人気を集めるブランド「ロレックス」。詳細な情報を公にしてこなかった今までのスタンスから、様々な都市伝説的な噂や憶測を呼んできました。

製品の素晴らしさだけでなく、高級感やスポーティーなイメージなど、あらゆる面で人を惹きつける圧倒的な存在感や世界的な人気は、しばらく衰えることはないでしょう。

■関連ページ:宝石広場のロレックスTOP

 

ちなみに、過去のロレックス新作についてのブログ記事です。
予想が当たっているかどうか、ご参考までにどうぞ 😉

 

ロレックス以外の、オメガ・ウブロ・タグホイヤーなど各ブランドの2020新作モデルは、どんどん入荷しております。

■関連ページ:NEWモデル特集ページ
※ロレックスの新作モデルも、宝石広場に入荷次第こちらのページに掲載されます

 

 

時計ファンならずとも注目が集まる、ロレックスの新作発表が待ち遠しいですね!
公式情報が公開される9月まで、ロレックスの動向にご注目ください。それでは!!

 


インスタグラム
ツイッター
フェイスブック
メールマガジン

 

【毎日アイテム追加!新品も中古も圧倒的な在庫数!】宝石広場 WEBストア
【高級時計・宝石の買取り&下取りLINEですぐ査定!】宝石広場 高額買取サイト
【オーバーホール・電池交換なんでもお任せください】宝石広場 時計修理サイト

ABOUT ME
柴野
柴野
WEBスタッフ。東京生まれ中央線サブカル文化育ちの、ファースト・ガンダム&ファミコン世代。趣味はスニーカー集めとガーデニング。好きな映画はバックトゥザフューチャーとスターウォーズです!

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

POSTED COMMENT

  1. […] ロレックス2020年 新型モデル情報まとめ【新作サブマリーナー126610?】 […]

  2. […] ■関連ページ:ロレックス2020年 新型モデル情報まとめ【新作サブマリーナー126610?】 […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。