映画と時計

映画と時計⑬ 【カンヌとショパール】

こんにちは、営業部の清水です。
今年の5月13日から24日にかけておこなわれた、『カンヌ国際映画祭2015』についてご紹介します
画像引用 : Chopard Twitter

CFw6OqIWAAAk5Im

フランスのカンヌにおいて開かれているこの祭典は、ベルリン国際映画祭、ヴェネツィア国際映画祭と併せて、世界三大映画祭のひとつに数えられています。

毎年世界中から新しい映画が出品・上映され、監督や俳優たちは連日、上映プレミアやプレスカンファレンスに出席して自作をアピールし、そこではいち早く新作良作を買い付けるため、各国のバイヤーや配給会社の関係者で賑わいます。

CFyNd6dUMAEiZMN
クロージングセレモニーでのコンペティション部門審査員のフォトコール

主な構成として、主要部門の『コンペティション部門』と、あらゆる種類の独自で特異な作品を集めた『ある視点部門』などがあります。カンヌで最も名誉ある賞「パルム・ドール」は、コンペティション部門にノミネートされた作品群から選ばれます。

+++++++++++++++++++++

過去「パルム・ドール」に選ばれた作品はこちらです。
(個人的に有名どころ抜粋『題名/監督』)

■2013『アデル、ブルーは熱い色/アブデラティフ・ケシシュ』
※主演のアデル・エグザルホプロスとレア・セドゥも同時受賞(史上初)

■2012『愛、アムール/ミヒャエル・ハネケ』
※ミヒャエル・ハネケ監督は2009『白いリボン』でもパルム

■2004『華氏911/マイケル・ムーア』
※『ボーリング・フォー・コロンバイン』でアカデミー賞受賞監督

■2002『戦場のピアニスト/ロマン・ポランスキー』
※アカデミー賞でも3部門受賞、主演男優賞も。有名ですね

■2000『ダンサー・イン・ザ・ダーク/ラース・フォン・トリアー』
※挿入歌も高い評価を受け、GG賞、アカデミー賞ノミネート

■1993『ピアノ・レッスン/ジェーン・カンピオン』
※カンヌでは唯一の女性監督受賞(現在進行形)

+++++++++++++++++++++

この栄えある「パルム・ドール」受賞者に贈られるトロフィーを1998年から毎年製作しているのが、公式スポンサー「ショパール」です。2014年より、環境への配慮から「Fairmained」認証のゴールドで製作しています。

CFykCKNUMAAipgT CFyaNBJWMAEXXPm

そして今年もたくさんの女優が、ショパールのジュエリーを身につけました。
左:2013年パルム・ドールを受賞した、フランスの美しい女優レア・セドゥ。
右:マイケル・ファスペンダー主演「Macbeth」プレミアのマリオン・コティヤール。

CFHl3eBUgAAV7Kk CFuEAcUVIAAD-o5

コンペティション部門審査員のソフィー・マルソー。1999年『007ワールド・イズ・ノット・イナフ』でボンドガールを演じました。

CFy8Mw5W0AABS-B CE-likeWgAE0DZt

同じく審査員のジェイク・ギレンホールはLUC1937を。ちょうかっこいい…。
2005年『ブロークバック・マウンテン』ではアカデミー助演男優賞ノミネート。

LUC1937  ch_161937-5001

なおショパールは正式部門とは別に独自の賞を設け、若手俳優を賛辞しています。『ショパール・トロフィー賞』今年の受賞は、Lola Kirke と Jack O’Connell

CFJHZlOVAAE9bxc CFJOwKaWgAAtXwK

アカデミー賞とは作品の傾向がまったく異なり、カンヌ受賞/ノミネート作品を観てみるのもまた楽しいですよ。

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。