映画と時計

映画と時計⑮ 【TIMEX/G-SHOCK】

こんにちは、営業部の清水です。
今回はコーエン兄弟監督、2008年アメリカのコメディ映画『バーン・アフター・リーディング』をご紹介します。

Yahoo映画

画像引用:2008 米 / Burn After Reading / Focus Features(IMDb

+++++++++++++++++++++++++++++

【あらすじ】
アルコール依存症が理由で左遷されたCIAのオズボーン(ハゲで短気/ジョン・マルコヴィッチ)は、腹いせにCIAの暴露本を執筆。しかし間抜けな事にデータの入ったディスクをスポーツジムに置き忘れる。

331863view005

ジムの店員で脳筋&iPod中毒のチャド(バカ1/ブラッド・ピット)と、同僚で整形願望のあるリンダ(バカ2/フランシス・マクド―マンド)は、拾ったディスクをCIAの機密情報だと思い込み、それをネタにオズボーンから大金をせしめようと目論む(大バカ)

331863_01_02_02

オズボーンとの交渉に失敗した(ここが最高に笑う)ふたりは、なんとか大金を手に入れようと(リンダの整形代のために)なんやかんやあったりで、オズボーン宅に侵入する(犯罪)

331863_01_01_02

しかしオズボーンの妻ケイティ(癇癪持ち/ティルダ・スウィントン)と不倫してるハリー(出会い系サイト常駐者/ジョージ・クルーニー)と遭遇してしまい……。

+++++++++++++++++++++++++++++

この豪華キャストがこんなふざけたキャラクターを演じたのは、監督がコーエン兄弟だからでしょう。間抜けヅラひっさげて「私は善意のサマリア人」と言う(しかも何度も)ブラピなんて他ではお目にかかれません。

ちなみに善きサマリア人とは、「窮地に陥った人を無償で助けた」聖書に載ってるサマリア人で、米国では「その助ける過程及び結果に失敗が生じた場合でも、助けた人に対して責任を問わない」善きサマリア人の法があります。これを引き合いに出す大バカブラピ。

お気楽コメディではなく、皮肉たっぷりなブラックジョーク満載です。笑えない人はむしろ嫌悪するくらい、賛否両論はっきり分かれます。ブラックジョークが通じる人と一緒か、ぼっちで観ましょう。

タイトルの『バーン・アフター・リーディング』は、「読んだら燃やせ」機密文書に添えられる決まり文句だそう。その真意は結末をどうぞ。

筋肉バカブラピが、タイメックスのアイアンマンを着けています。スポーツジムの店員らしいですね。

331863view003  5ef664d0484112b928e4c602d0b8712684b828a1_m

さらにW不倫のGクルーニーはG-SHOCKです。

331863_01_09_02  429755-1

ジャンル問わず、カシオ着用の映画は本当に多いです。タフで水に強く、過酷な撮影で壊れても替えを用意しやすいからでしょうか。ミリタリーモノやアクション映画でとくによく着用されていますね。さすが日本が誇る我らがカシオです。

421881001

世界に9本しかないようなこんなの着けてもし壊れたら修理に1年くらいかかるし替えなんてそうそう見つからないですからね。観てるこっちが違う意味でハラハラドキドキします。

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。