未分類

【時代】勇気を持って【流れる】PART4

さて時計について久しぶりに書いてみようかと思います。というよりも本来の姿(ブログの)とは
何でしょう?というように禅問答状態が続くスタッフ・タカギです。
いつも悩むポイントとしてどのブランドのどの時計にスポットを当てるかという事です。単純に
メジャーな時計とかを題材にすると非常に難しい。
かと言ってマイナー路線やニッチな存在などを題材にしても独りよがりな内容になりそうだし・・・
このブログを書き始めた頃はデイトナやサブなど、なるべく普段見ない視点からアプローチして
書き上げるようにしてました。
さてここで本日のお題は『HAMILTON』です。ハミルトンというと最近ではタグ・ホイヤーで
ブログを一本作りましたが、今回は違います。そっちのハミルトンではなく、あっちのハミルトン
です。どこのハミルトンかと・・・

1892年にUS・ペンシルバニア州に誕生した『HAMILTON』です。鉄道時計として最初にスタートを
きりました。正確な時間と耐久性を兼ね備えた時計が必要とされ、見事にその要求に応えた懐中時計
を作りました。1892年というと今から117年前でが、数字で書くと『ああ100年ちょっと前ね』となったり
します。
1892年
アメリカでは大統領選挙があり民主党のグローバー・グリープランドがアメリカ史上唯一の返り咲き
大統領となっています。そして1800年代後半はエジソンの発明・電話機を発明したベル・ガソリン車
を一般的にしたフォードなどアメリカ史の中でもエキサイティングな時代だったのでしょう。
その経済的要素や必要とされるべくして生まれた『HAMILTON』です。
実際どのくらい前?という疑問に対して映画『タイタニック』の時代背景のちょっと前という感じです。
アメリカの発展と共に歩んできたハミルトンですが、鉄道時計から次の一歩に踏み出します。
それは空です。アメリカ空軍の要請で航空時計を作り出しました。HAMILTON=ミリタリー時計の
イメージが完成です。陸で培った技術を空へ応用し実用時計に強いメーカーかと思いきや、そんな事
ありません。
アールデコデザインの代表作でもあるパイピング・ロックを発表しています。
アール・ヌーヴォーの曲線的美しさを取り入れ、1900年代初頭の工業的発展に伴う時代の
流れを汲み取ったデザインです。そのアールデコの様式を使った有名な存在が、ニューヨークに
ある【クライスラービル】でしょう。特に突塔のデザインが象徴しています。

これがバイビングロックですが、復刻版ですのでちょっと雰囲気が出ていない気がします。
大恐慌と共にアール・デコが衰退してしまいました。
やはり流行と共に影ながら支えていたミリタリーですね。これは以前ブログでも取り上げましたが
なかなか興味深く面白いです。

そんなに古い物ではないですが・・・ミルスペック。
実際第二次世界大戦では相当数の時計が納入されたようです。やはりアメリカ軍には
MADE IN USAなんでしょう。アール・デコのデザインで華やかな世界を謳歌した時計を作りながら
ミリタリーという実用時計を作る技術を持ち合わせた懐の深いハミルトン。
ここで絶対に外せない存在は・・・
ベンチュラじゃないでしょうか。これはもう歴史的存在であり一つの偉大なアイコンだと思います。

1957年に発表された世界初のエレクトリック・ウォッチ【ベンチュラ】これはもうそのスタイリングだけで
ご飯3杯はいけます。革新的であり唯一無二のデザインと言っても過言ではない。
デザイナーはリチャード・アービブ(インダストリアルデザイン)がおこないました。キャデラックのデザインも
彼です。現代の車にはないデザインですね。ちょうど映画【アメリカングラフティ】の時代設定と変わらない
位です。アメリカ=自由の国=華やか。映画を見た事ある方ならなんとなくイメージ出来るかと思います。
これに対してエルビス・プレスリーが使ってうんちゃらとか言ってたら恥ずかしい。このデザインが時代に
ピッタリと合いその存在感に魅了されてプライベートでも使用していたという事でしょう。

この円形でもなく四角形でもない形を組み合わせ、全く新しい形を作り出すデザイナーの
凄さです。時計(ベンチュラ)はこの形ではくてはならない。
アメリカを象徴する存在なので、スミソニアンにも収蔵されています。何かに似ているという
思いを一切持たせない偉大な時計です。
でも私個人的にはもう一つ気になる存在。【2001年宇宙の旅】で使われていた時計です。
Space Odyssey ですよ!宇宙=こんな感じというイメージを作り上げた傑作。
モデル名はX-01

アーサー・C・クラークとスタンリー・キューブリックが作り上げたSF映画です。通常SFといえば
夢のような世界を作り上げるのが、今では当たり前ですが、この作品は科学的に見てもある程度
正しく描写されています。そんな本気で作り上げた映画に使うため【HAMLTON】に時計を依頼する
ベンチュラから始まり・・・

これで決定です。パルサー!LEDデジタル表示を採用し近未来をイメージして作られました。
この写真のモノは復刻ですがオリジナルと大きく変わりはありません。
今見ても未来な感じがします。世の中の流れはデジタルになっていくのだろうと思わせる
強烈なインパクトをもっています。ベンチュラとパルサーという未来を形にしたハミルトンに
依頼すれば未来の時計が絶対できると思います。今見ても普通にスペーシーな印象を
受けます。実際MIBⅡでも使われています。
ハミルトンほど幅が広く、そして多様なバリエーションを持ったメーカは非常に珍しいです。
一度手にとって見て下さい。

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。