未分類

レベルソとパルテノン神殿

建築にも造詣が深い男、そうそれは私、Kスギモトです。
休日に地方の名建築をバイクで見て回ることもあります。
そう、今日はインテリアピールをしているのです!

そんな私、先日ジャガー・ルクルトのコーナーを見ていてふと気が付いたのです。
ルクルトの中でも個性的なあいつ、レベルソシリーズです。
反転する長方形のケースが特徴ですが、その形…何かに似ています。

!!!

parthenon-2008_entzerrt

これです、パルテノン神殿!
言わずと知れたギリシャの世界遺産です。

ちっとも似ていないって?
いやいや、ココです。

parthenon-2008_entzerrt-e382b3e38394e383bc

建築・美術関係の方なら気付いたはず。
パルテノン神殿とレベルソには共通点があるのです(多分)

それは『黄金比』

自然界にも存在する、最も美しいとされる比率、黄金比。
この『1:1.618』の比率は、パルテノン神殿の他にピラミッドや
ミロのヴィーナスにも用いられていると言われています。

そう、レベルソの角形ケースのバランスは、黄金比のそれなのでは!?
仮説に基づいて実証してみましょう!

グランドレベルソ ウルトラスリム

存在感を醸しつつも、スマートな薄さを保っています。インテリ感を出したい方は是非!

dsc02228

縦が・・・46.7mm

dsc02226

横が・・・27.5mm

46.7/27.5=1.698  (黄金比は1:618)

…うん、ほぼほぼ黄金比ですね!(きっと)

公式の記述が見つかりませんでしたので定かではありませんが、
ルクルトが黄金比を意識しているにせよ、いないにせよ、
このしっくりくるサイズ感は黄金比の有用性を物語っているのではないでしょうか。

知的な雰囲気で締めたところで、さっそく誰かにこの発見を自慢してきます!
(皆知ってたりして…)

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。