革ベルトを考える

ヌメ革の色を変えてみる。

現在絶賛発売中のヌメ革のベルトですが、
皆様が気になるのは「色はどのように変化するのか?」
という所ではないでしょうか。

使用したサンプル品は展示してありますが、その過程はお伝えしづらい。。。

という事で、

自分のパネライに付けて使用しております。

使用開始して約10日。
パネライ ヌメ1

薄っすらと色は変化してきてますが、写真にするとほぼ分かりませんねぇ。
使用している本人も新品と並べれば「なるほどねぇ・・・」というレベルです。

ヴィトンのカバンの持ち手なんかを想像して頂いても、使用状況にもよりますが
そんな数日ではアメ色に変化はしないですよね。

だがしかし、

ドラクエもじっくりとレベルを上げてクリアまで、、、
なんていう忍耐力を持ち合わせていない私としては、半年、1年、2年と
じっくり経過観察をブログにアップするほどのんびりは出来ません。

強制的に色を変えていこう!!という事で。

①日差しも強くなってきたので、日なたで焼く。
②普段は使用しないやり方で強制的に行ってみる。

うち最短コースの②を選択。

img_1596

さっそく、水の中へ。
パネライ ヌメ2

・・・・・

パネライ ヌメ3

・・・約10分。

革が水を十分に吸ったら、陰干し。
パネライ ヌメ4

完璧に乾かしたら、クリームを塗り込みます。
パネライ ヌメ5

そしてまた陰干し。
パネライ ヌメ6

クリームが乾いたら、第1段階終了。

新品と比較してみると色の変化を感じて頂けると思います。
パネライ ヌメ7

パネライ ヌメ10
理想的なアメ色にはまだまだですが、1歩前進です。

じっくり使い込むもよし。
強制的に変えて、好みの色から使い始めるもよし。

パネライユーザーの皆様も理想的な色合いへ挑戦してみませんか。

パネライ ヌメ9

つづく。

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。