スタッフ・タカギの日記

【秋深まる】季節は変わる【冬が来る?】ブライトリング タグ ホイヤー アクアレーサー エアーウルフ デジアナ 

今年も無事大きな事故もなくシーズンを終えたスタッフ・タカギです。
完全に時計屋とは思えないブログを書き続けているのは自分でもたまに
『一覧見ると写真が僕のだけ何故か系統が違う気がする・・・』と
思っています。
さて4回連続エントリーをしているDoor of Adventureに先週末行って
まいりました。
開催場所は福島県です。去年と同じく川内という場所でスタートして
ゴールしました。
一番好きな瞬間ゴール
スタートの瞬間そしてゴールの瞬間
去年の道連れは 店頭スタッフスギモトさん でしたが今年はなんと
修理部小島さん が参戦です。千葉で開催されているのは2年連続エントリー
していたんですが、今年は意地でも行きたいからと頑張って準備してました。
更に本気ですベースキャンプ
当然本気で頑張るのでトラックに載せて福島まで行きます。
道のりは都内から5時間くらいです。近くはありません・・・
(しかもスーパーペーパードライバー修理部コジマの運転も経験します)
到着してさっさと設営2泊3日のsweet homeです。
設営したら当然
当然です SOSITE
スタートは翌日です。
ラリーイベント30% 仲間との時間70%という楽しみのベクトルです。
朝ごはん 本物の風格と比べてしまうと・・・
すいません時計はGーSHOCKです・・・チェックポイントのタイムを1分でも
超えてしまうと失格なので、ソーラー電波が絶対なんです。そしてかなり時計に
とってかなりタフな環境下になります。ひたすら振動し続けるわけです。
朝食は気合のステーキAM7:30
そしてスタートなんですが、手前の白いのが私で奥に鎮座するのは本物の
ラリーを経験してきた本物のRally車です。
(本物の持つ雰囲気は憧れでもあり自分もいつかはと思います。)
本気です チェックポイント
ちゃんと競技なので時間制限は有ります。これに間に合わないと即失格となり
次回開催まで悔しい思いとなります。
『私にできるのは、“冒険の扉”を示すこと。扉の向こうには、危険が待っている。扉を開くのは君だ。望むなら連れて行こう』
こんな感じこの花は途中の林道で突き刺さりバイクを引き出したら咲いてました・・・
この液晶画面が3つも付いて何なのか?
距離を測るのがメインとなります。
1:ポイントからポイントまでの区間距離を計測する用
2:トータル距離を計測する用
3:スピードメーター
一つの画面で切り替えて使うなんて器用なことできません。
走りながら操作するわけです。
目視で見た瞬間に地図と数字がわかると便利です。
地図は完全にアナログ表示で(なんせプリント用紙ですから・・・)数値は
デジタル表示という感じです。
完全にデジアナです
473841001473841-2
タグ・ホイヤーのアクアレーサークォーツ クロノグラフ クロノタイマー
第二時間帯表示/クロノグラフ/アラームなどをデジタルで表示させられます。
実用性の高いモデルです。
そして
461869001461869-5
ブライトリング エアーウルフ
デジタル表示画面には
アラーム、パーペチュアルカレンダー、スプリットタイム機能つきクロノグラフ、カウントダウン・タイマー、デュアルタイム表示、協定世界時(UTC)
かなりの多機能性を持たせ実用重視としていますが、裏蓋はタービン形状に
デザインされています。

いかがでしょうか。
個人的に好きなジャンルの時計ですのでおススメです。

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。