未分類

【高揚】上げるてるけど上がらない。【紅葉】

なんと我が愛車が壊れました。何だか切ない気持ちで一杯のスタッフタカギです。
先日Y氏の書いたブログで取り上げられたツーリングに行きました。
そのブログで書かれている【故障】がワタクシのバイクです・・・

即日引き取ではなく一週間後まで松本に保管されます・・・
11月過ぎに戻るので2009年シーズン強制終了。
《中古車展示場》の文字が何とも言えない。

新型は電気が命という事を思い知らされました。でもそんな辛いことだけではなく
ツーリングならではのドキドキポイントもありました。
ここまで長くバイクに乗り続けると大抵の車両では【ドキドキ】しません。そんな
僕のハートをガッチリ鷲掴みする車両に乗ることができました。

ホンダ ベンリイCB135 1970年発売 最高出力15PS 最大トルク1.0kg/8500
もうドキドキなデザインです。この見た目と音を聞いてしまったら乗りたくなる。

既に40年という月日が流れてしまっても、心を動かす存在感は偉大です。
現代の車両でそんなバイクがあるのでしょうか・・・
これと比べたら多分今乗っている私のバイクはただの古臭い型落ちバイクになるのでしょう。
これは現代の技術進歩と昔の技術進歩の進み方(スピード)の違いな気がします。
流行のデザインは基本的に過去のモノに少なからずとも影響を受け進歩して行く事が
良くわかるいい事例ですね。

それではここから時計です。現代における最先端ってなんなんでしょう????

色々な雑誌を読むと【マニファクチュール】という言葉が多々見受けられます。
2010年にETAのエボーシュの供給停止があります。
特にETA・Cal7750という様々なモジュール搭載可能な機械を使い、色々な時計メーカーが
作品を発表してきました。それを全て自社で開発していかなければなりません。
利点としては『マニファクチュール』という事をメーカーはマーケティングで押し出すことができ
その付加価値を高めることができます。問題として開発には莫大な費用と時間がかかります。その問題を全てのメーカーがクリアして
いく事が可能かどうかです。特にクロノグラフムーブメントは難しいでしょう。
この様に考えていくと今後の流れは完成度の高い『マニファクチュール・ムーブメント』を開発し
尚且つ魅力的な時計を造れるブランドがメインになっていくのかもしれません。ふと考えるとゼニスは既にクロノグラフ・ムーブメントを持っている・・・
EL・PRIMEROです。1969年に初代エルプリメロ搭載のクロノグラフが発表されています。

おやっ!?

ちょっとお店が混んできたので、続きは後日。

お楽しみに。

 

 

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。