未分類

ホワイトゴールド製スピードマスター

あまりお久しぶりでないアイバです。

「秘すれば花なり秘せずは花なるべからず」
コレは室町時代初期の猿楽師、世阿弥の書き残した『風姿花伝』のなかの一節です。

” 花 ” とは観客に大きな感動を与える力を指し、
あえて表現することを惜しみ隠すことで、
美を追求する事が良いという意味です。

うーん
確かにぱっと見て分かりやすい時計もいいものですが、
秘して光っている時計もまたカッコイイものです。
例えば

これなんて普通の人から見ればただのスピードマスターですが、
なんとホワイトゴールド製
ダイヤルも特別に製作されたエナメルダイヤルに、
わざわざ一本一本のシリアルをプリントする手の込みようです。
世界57本限定で作られ、日本定価は400万オーバー(笑)。
これを着けるって贅沢ですよねぇ・・・。
あえてヤングサラリーマンもする時計と同じに見える時計を着け仕事をする。
なんと贅沢な遊びでしょう。
なんぼなんでもそこまで秘さないほうがとは思いますが。

(↑ホワイトゴールド製)

(↑ステンレス製)

こちらはもう少し分かりやすいですが、
まだまだ十分秘しています。

こちらのロジェ エクスカリバー」もあえてホワイトゴールド
ステンレスモデルとホワイトゴールドモデルで、
差異を付けるメーカーも多いですが全く一緒です。

定価はステンが200万に対してWGは400万オーバー。
いさぎが良くてカッコイイですね。

最後に番外編

何でもないGショックのようですが・・・

よーく見るとGではなくWとなっています。
その名もウッドショック(笑)
アメリカでカスタムで作っているモデルらしく
あえて堅牢性を捨てているのが面白いですね。


横から見たところ。木製であることがよく分かります。
どうでもいいけどカビるだろうなこれ。

人生色々、時計も色々有るのが面白い。
一本目は直球で分かりやすいのを買ったのなら、二本目は変化球も良いのではないでしょうか。






LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。