未分類

ジェラルド・ジェンタ好きにはたまりません

お久し振りの買取部アイバです。

そろそろ宝石広場にも今年度の新作が入荷してきていますが、
皆様、気になるモデルの実物をご覧になったり、手に取って頂いたでしょうか?

(ちなみにバーゼル、SIHHで発表された新作モデルは6月ごろから流通し始めて、
7・8月はスイスのオフィスの夏休みの為、あまり出てこなくなり、
9月から再度出荷されることが多いです)

私が今、気になっているのはコチラ
e784a1e9a18c1

インヂュニアなんですね。

腕が細いこともあって、デカ厚時計が似合わない私にとって
バランスの良さが魅力的に映ります。

IWCが自ら、「インヂュニアコレクションの中で最もクラシカルなモデル」と
アナウンスしているように前モデルと比較してグッとシックになりましたね。

丁度店頭にあった前モデルのインジュニアAMGと比較して
img_0318

img_0317

大きさはほとんど変わらないものの

厚さはほぼ三分の二になっています:smile:

スポーティー過ぎず、使いやすいのではないでしょうか?

このモデルのデザインの元になっている1976年にジェラルド・ジェンタによってデザインされた
「インヂュニアSL」の雰囲気と似ていて、ジェンタ好きの私としてはちょっとうれしくなりますね。

ジェンタの名前はブルガリのラインとして今でも残っていますが、
やはり、このインヂュニアを始め
e784a1e9a18c7

ノーチラス

e9a18c

ロイヤルオークなどの方がジェンタ色が強いように感じられます。

その他にもカルティエ「パシャ」や「ブルガリブルガリ」など有名どころは勿論、
セイコークレドールのファーストモデル
(クレドールの初期モデルの一部はケーシングもジェンタの工房で行われていたようです)や
ジラール・ペルゴのロレアートなどもジェンタの作品ですが、

0000018967-1

思いれの強いのがこの「レトログラードファンタジー」

実は個人的に唯一新品で買った時計です:lol:

しかも大きさ違いで2本:oops:

(大きさが違うのが欲しくなり、下取りして買いなおしたのですが)

今年のインヂュニアを見ていると

ジェンタの手のひらの上でまた転がされてしまいそうな自分が怖いです・・・

PS インヂュニアについて書くつもりがなぜかジェンタ話になってしまいさしたので、

インジュニア話はまたの機会に書かせて頂きます。

LINEでお問い合わせ

スタッフが直接ご返答します!友だち登録をして、お気軽にメッセージを送信ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。